狂気の発明家・アイキッドと、彼が開発した(という設定の)最終兵器・サイボーグジョーによるロックバンド、ザ・リーサルウェポンズ。

一度聴いたら耳から離れないポップなメロディに、細かく作り込まれたハイクオリティなバックトラック。そして、それらをいい意味で大きく裏切るようなユニークすぎる歌詞と、デフォルメされたビジュアルなどで注目を集めている2人組だ。

そんな彼らは、生み出す音楽にも表れているように、1980〜1990年代のゲームや映画、音楽などが大好物。そこで、“ポンズ”の愛称で親しまれている彼らに影響を与えたカルチャーを深く知るべく、こちらが用意したお題について語ってもらった。

今回のテーマは「愛すべき家庭用クソゲー」だ!

■はじめに。
【サイボーグジョー】“クソゲー”ッテナニ?
【アイキッド】うーん…“バカ”ゲーム。ふざけたゲームっていう意味かな。
【サイボーグジョー】アー、OK!OK!
【アイキッド】クソゲーならポンポン浮かびますよ!

■【その1】「トージャム&アール」(1992年発売、メガドライブ)
【アイキッド】まずは「トージャム&アール」ですね。個人的にはクソゲーだと思っていないですけど、世間一般的にはクソゲーに分類されていると思います。

―― 調べてみると、“洋ゲー”(欧米メーカーが開発元のゲーム)のようですね。
【アイキッド】このゲームは細めと太っちょの2人の宇宙人が惑星に不時着して、エンジンのパーツを探して冒険するっていうファンキーなアクションアドベンチャーです。突っ込みどころが満載で…。まず主人公の動きが異常に遅い!それにワケのわからない設定も多いんですよね。たとえば、フラダンスを踊っている敵に近付きすぎると自分もフラダンスを踊ってしまうとか(笑)。
【サイボーグジョー】オー、フシギ、イッパイネ!
【アイキッド】全編英語表示だから、アイテムの使い方も一切わからない。すべて当てずっぽうで進むしかないっていうハードなゲームでした。

―― クリアすることはできたんですか?
【アイキッド】まさかまさか(笑)。一度もクリアしたことはないです。でも、このゲームの世界設定は我々に多大なる影響を与えてくれましたね。

■【その2】「カメレオンキッド」(1992年発売、メガドライブ)
【アイキッド】続いて挙げたいのは「カメレオンキッド」ですね。横スクロールのアクションゲームで、ステージが100面くらいあるんですよ。しかも、なかなか難しい。

―― 調べたら4ステージ、全104ラウンドあるみたいですね。よくあるアクションゲーム的な画面でおもしろそうですよ?
【アイキッド】おもしろそうだと思うじゃないですか?でも、セーブ機能がないんですよ(笑)。「100面以上あるのにどうすんの!?」と。これもアメリカ発のいわゆる“洋ゲー”で、「アメリカ人はやっぱり発想がすげえな。どうしてこんなものを作った!?」と衝撃を受けたゲームです。もちろんクリアはできませんでしたよ(笑)。
【サイボーグジョー】ヘーイ、アメリカ人、スゴイダロ〜(笑)。

■【その3】「レンタヒーロー」(1991年発売、メガドライブ)
【アイキッド】最後は「レンタヒーロー」ですね。アーマースーツを着てヒーローに変身した少年が、ミッションをクリアしていくアクションロールプレイングゲームです。

―― そこだけ聞くとオーソドックスな内容ですし、おもしろそうですけどね。
【アイキッド】世界の設定がとてもユルいんですよ。敵とエンカウント(遭遇)したらバトルが始まるんですけど、そこは別にいいんですよ。でも、通常のミッションが子犬を助けたり出前を手伝ったりと、最後まで緊張感がない。これは日本の作品なんですけど、アメリカっぽい“おバカ”な雰囲気やユーモアが出ていて。このゲームも、“ポンズのエンタメ”を作るうえで影響を与えてくれましたね。
【サイボーグジョー】サスガ、アメリカネ!!

■そう。3作品とも、メガドライブ。
―― ここまで挙げていただいた3作品とも、ザ・リーサルウェポンズと通底している部分があるように感じます。
【アイキッド】実は3つとも、メガドライブのソフトなんです。メガドライブって、マシンのスペックは高いのに、ソフトの種類が少なかったりマニアックな設定のゲームが多かったり…そういうところがたまらなかったし、影響は受けていますよね。最大野党というか、2番目とか3番目ぐらいのものが僕は好きなんですよ。

―― 当時は、ファミコンやスーパーファミコンが正義でしたもんね。
【アイキッド】そうそう。でも、僕はメガドライブ派でしたね。僕らがリリースした楽曲「昇龍拳が出ない」も、実はスーファミ(スーパーファミコン)版の「ストII(ストリートファイターII)」ではなく、メガドライブ版の「ストリートファイターIIダッシュプラス」をプレイしていたからこそ生まれた作品なんです。なんせ、コントローラーには「Aボタン」「Bボタン」「Cボタン」しかなくて、パンチとキックは「スタートボタン」を押して切り替える必要があるという“鬼畜仕様”でしたから(笑)。


■パワフルストロングアタック、ハナクソプシューーー!!!!
―― それは難易度が高いですね(笑)。サイボーグジョーさんも印象深いクソゲーはありますか?
【サイボーグジョー】ワタシも、クソゲーあるヨ。「BOOGERMAN」ネ!
【アイキッド】ブガーマン。日本語で言うなら“鼻くそマン”ですね。
【サイボーグジョー】ソウネ。ブガーは、ハナクソ。タブン、日本でハツバイサレテナイ思う。

―― 調べてみたところ、日本未発売の洋ゲーのようですね。
【サイボーグジョー】ブキ、ピストルジャナイ。ブガー、プシュ!プシュ!で敵タオス。パワフルストロングアタック、ハナクソプシューーー!!!!スゴいヨ!ブガーマン(笑)。
【アイキッド】あ、やっぱりこれもメガドライブみたい(笑)。
※メガドライブはGENESIS(ジェネシス)という名前でアメリカでも発売されていた

■彼らの新作「雨あがる」は2021年1月27日(水)リリース!

ザ・リーサルウェポンズの2人のユーモアが詰まったニューシングル「雨あがる」は、2021年1月27日(水)リリース。楽曲自体は、令和らしく、2020年末からすでに先行配信中だ。しかし、アートワークなど作品全体の世界設定にこだわる彼らの作品は、ぜひフィジカルパッケージであるCDでも堪能することをおすすめする。楽曲の世界を表現した今回のCDジャケットは2種類存在(完全生産限定盤、初回仕様通常盤)しており、懐かしのあの名作映画のキャラクターが登場。さらに、完全生産限定盤はこちらもまた懐かしの“8cmシングルCD”仕様となっているのだ(令和なのに⁉)。

今回の新曲「雨あがる」には「ウイルスと戦うすべての人々へ、感謝と尊敬の念を込めてこの歌を捧ぐ」という思いが込められているそうだが、彼らの音楽とユーモアが、暗くなりがちな時世に笑顔を届けられるものであることは間違いない。愛知・大阪・東京で開催予定だったライブ「ザ・リーサルウェポンズのいちばん長い日 伝説のダブルヘッダー3連発 ※PG12」は、緊急事態宣言の発出で全残念ながら公演開催中止となってしまったが、ザ・リーサルウェポンズのさらなる活躍はきっと誰にも止められない。