岐阜県郡上市のスノーウェーブパーク白鳥高原で、日本一長い2000メートルのソリコースが3月31日(水)までオープン中。※悪天候や積雪等でコンディションが悪い場合はクローズとなる。

スノーウェーブパーク白鳥高原は、福井県大野市と岐阜県郡上市にまたがる毘沙門岳(びしゃもんだけ)の北斜面にあるスキー場。豊富な積雪量と極上のパウダースノーが特徴で、起伏に富んだ地形に扇型に広がる幅広ゲレンデはウィンタースポーツファンの人気を集めている。

日本一長い2000メートルのソリコースは、規制が少ないスノーウェーブパーク白鳥高原ならではの人気コース。リフトで山頂までのぼり、ふもとまでの2000メートルを一気に滑り降りる爽快感はほかでは味わえない。通常のプラスチックそりまたは持ち手がついた小型雪上ソリ「ZIPFY」とスノーレーサーが利用可能(レンタルもあり)。

また、ほどよい中斜面が1.2キロメートルも続くバックカントリーツリーランエリアもニューオープン。ナチュラルな山林を滑るような感覚を楽しみながら滑走できる。

スキーやスノーボードができなくても楽しめる日本一長い2000メートルのソリコースで大冒険を楽しもう。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋外(一部屋内)
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応(一部)/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】
ソーシャルディスタンス/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用(館内・リフト乗車時必須)

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。