神奈川県横浜市青葉区のこどもの国で、「新フィールドゲーム(春バージョン)」が4月25日(日)まで開催中。

こどもの国は約100ヘクタールの広大な敷地に、遊具広場やミニSL、ミニアスレチック、牧場まである多摩丘陵の雑木林をそのまま生かした自然の遊び場だ。

「新フィールドゲーム(春バージョン)」は、広大な敷地を満喫できるアクティビティイベント。園内を散策しながら隠された文字を探し、ゴールすれば景品がプレゼントされる。※全部回りきれなかった場合でも、ゴールすれば景品をもらえる。

春バージョンでは、例年は3月下旬から4月中旬にかけて見頃を迎える桜の中を散歩しながら遊べる「さくらとお散歩コース」と、密を避けて自然の中をハイキングしながら楽しめる「春のハイキングコース」の2種類が登場。

また、春のフォトコンテストとして、4月30日(金)までの期間、こどもの国園内で撮影した家族や友人と風景や遊具などの背景が一緒に写った写真を募集。入賞作品に選ばれた35人には、副賞としてコンパクトカメラやこどもの国招待券のほか、後援企業からの商品やオリジナルグッズがプレゼントされる。

暖かい春のこどもの国を歩きながら、園内に隠された文字を探す「新フィールドゲーム(春バージョン)」にチャレンジしよう。

※入園料:おとな・高校生600円、中学生・小学生200円、幼児(3歳以上)100円、0〜2歳無料。
新フィールドゲーム(春バージョン)参加費:1枚100円 ペグシル付き(ゴール時にささやかな景品あり)。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋外(一部屋内施設もあり)
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置/レストランの座席数の制限
【来園者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来園自粛/咳エチケット/入園時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限(こども動物園)/最少人数での案内所等への出入り

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。