石川県七尾市の石川県能登島ガラス美術館で、テーマ展「探求と創作」が5月23日(日)まで開催している。入館料は高校生以上が800円、中学生以下は無料。

石川県能登島ガラス美術館は、世界各国の現代ガラス作家の造形作品を中心に400点近くの作品を収蔵している美術館。古今東西のガラス作品を紹介する企画展を開催するほか、ガラスを身近に楽しめるワークショップも開かれている。

「探求と創作」では、反射と透過、脆さと硬さ、液体であり個体、透明と不透明、無色と有色と、相反するガラスの性質に焦点を当てたテーマ展。石川県能登島ガラス美術館の収蔵品を通して、作家が思索と試作を繰り返す中で導き出したかたちと、多様な表現を紹介している。

展示は、現代ガラス(展示室A、D)、中国清朝のガラス(展示室B)、巨匠たちのデザインによるガラス(展示室C)の4つのセクションに分けられている。また、近年収蔵された作品のお披露目も見どころだ。

作家の作品からガラスの性質を探る「探求と創作」に足を運んでみよう。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。