東京・町田市にあるアウトレット複合商業施設「グランベリーパーク」に展示されている、巨大なスヌーピー「SNOOPY HAPPINESS FLOAT(スヌーピーハピネスフロート)」。2021年3月までの展示予定だったが、緊急事態宣言の再発令により来場が難しくなってしまったファンの要望に応え、展示期間を延長することが決定した。

PEANUTS(ピーナッツ)のコミック生誕70周年を記念し、期間限定で誕生したトラック「SNOOPY HAPPINESS FLOAT」は、全国6都市を走行し、各地でハピネスを届けてきた。同展示では、長い旅を終え、パークプラザの芝生に横たわってゆっくりお休み中の、スヌーピーとウッドストックの姿を楽しむことができる。

また、4月23日(金)からは、スヌーピーミュージアム初の公式アプリ「スヌーピーを探せ! by Snoopy Museum Tokyo」に、ハピネスフロート展示を記念したビジュアルの新ARが登場。同アプリは、「グランベリーパーク」内に設置されているフォトスポットを見つけてQRコードを読み取ると、その場所だけに登場するスヌーピーやピーナッツ・ギャングと写真を撮ることができるというもの。スヌーピーたちと一緒に、パーク内をくまなく探検してみて。

展示期間中は、来場者に安全に楽しんでもらえるよう、スマートフォンのカメラスタンドを設置するなど感染防止の工夫もされているので、ぜひ活用して。広々としたパーク内で、大きなスヌーピー&ウッドストックとの写真撮影を楽しもう!

※展示期間については、新型コロナウイルス感染症拡大状況や展示物の状態により変動する場合があります。詳細は公式サイトを要確認。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

(C) 2021 Peanuts Worldwide LLC