山形県新庄市の最上公園で、桜の見頃に合わせたお祭り「新庄春まつり」が5月5日(祝)まで開催中。

最上公園は、新庄藩祖の戸沢政盛(とざわまさもり)が築いた新庄城の跡に整備された都市公園。当時の堀や石垣を残しつつ、戸沢神社・天満神社・護国神社が祀られた公園として親しまれている。

また、桜の名所としても知られ、最上公園内には約300本のソメイヨシノやシダレザクラが咲き誇る。特に、堀の水面に満開の桜が映る様子は美しく、見事な景観だ。

「新庄春まつり」では、桜をぼんぼりでライトアップ。灯りに照らされた夜桜を楽しめる。ライトアップ時間は、18時30分頃から21時まで。

さらに、「新庄春まつり」期間中に、カド(ニシン)焼きとお茶のセットを1000円で販売する「新庄カド焼きまつり」も、5月5日(祝)まで開催中。豪雪地帯である新庄市では、雪解けとともに入荷するカドを焼いて、酒を飲みかわしながら見頃の桜とともに春の訪れを喜んだといわれており、今では新庄の春の風物詩となっている。

最上公園の夜桜を楽しめる「新庄春まつり」に行こう。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋外
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。