石川県金沢市の金沢21世紀美術館で、「中村佑介展 金沢21世紀美術館」が5月29日(土)まで開催している。入場料は一般900円、学生600円で、小学生以下は無料。

2017年からスタートした「中村佑介展」は、イラストレーターの中村佑介が携わってきた仕事のほぼすべてを網羅し、原画と完成画を合わせて展示する展覧会。着色前の線画やアイデアスケッチなども公開された、今までで最大規模の内容となっている。

同展覧会はこれまでに大阪、池袋、名古屋、福岡、東京の後楽園と全国を巡回し、累計来場者数は7万7000人を超える。

北陸地区では初めての開催となる「中村佑介展 金沢21世紀美術館」は、展示総数430点以上と、過去最大の展示数を誇る。また、物販コーナーでは、本展覧会の会場で先行販売される新刊をはじめ、作品集「Blue」や「NOW」などの書籍関連や、本展覧会でしか手に入らないグッズも販売されている。

2002年から活動を開始し、2021年で19年目を迎える中村佑介の軌跡がわかる「中村佑介展 金沢21世紀美術館」に足を運んでみよう。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応(物販エリアのみ)/自動換気システム/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
【その他】
下記事項に該当する方の入場はお断りいたします
37.5度以上の発熱がある方
マスクを着用されていない方

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。