ブログ「毎日パンダ」で話題の写真家・高氏貴博氏が厳選したベストショットをコメント付きで毎月たっぷり紹介している。今回は、上野動物園(東京・台東区)の双子パンダ・シャオシャオ(雄)&レイレイ(雌)と、シャンシャン(シャオシャオとレイレイの姉)のバースデーの様子を紹介する。

6月に1歳になったシャオシャオ&レイレイと、5歳を迎えたシャンシャン。今回高氏氏には、その記念日の様子を振り返るコメントと、誕生日をお祝いするショットを届けてもらった。

■高氏貴博氏がレポート!シャオシャオ&レイレイの誕生日の様子は⁉
――まずは、動物園のアイドル、シャオシャオ&レイレイの誕生日がどのような様子だったか教えてください。

【高氏氏】待ちに待った1歳のお誕生日。コロナ禍で大きな声を出してお祝いすることはできませんでしたが、心の中でお祝いの気持ちを伝えてきました。自分が見たときは2頭とも休息していて、のんびりした様子で、こちらも穏やかな気持ちにさせられました。抽選で人数が制限されていたため、それほど混雑は感じませんでした。

――シャオシャオ&レイレイが成長したな〜と思うところを教えてください!

【高氏氏】いつものお気に入りの木からだんだんはみ出してきて、枝が悲鳴を上げています。そろそろ限界かも、というくらい成長の早さを感じています。親子でいるときはサイズの違いが分かりますが、子供だけだとおやおや、こんなに大きかったっけ、と思うこともあります。

――一方で、5歳を迎えたシャンシャンのバースデーはどのような感じでしたか?

【高氏氏】シャンシャンの観覧は抽選ではないので、並んだ分多くの方が見られます。早朝からたくさんの方がお祝いに駆け付けて、1回の観覧がなんと240分待ちに!もうすっかり大人ですが、赤ちゃんのときと変わらない人気の高さを改めて実感しました。ちなみに私は、この日は合計480分並んで2回見ることができました。いずれもお昼寝でお顔は見えませんでしたが、本来中国に旅立っているはずだったのに日本でこうしてお祝いができることにありがたさを感じました。

――それでは、シャオシャオ&レイレイの誕生月、6月のベストショットを教えてください!

【高氏氏】お乳の取り合いをする2頭を写したショットと、お庭でかわいさ満点のポーズを決めてくれたシャオシャオの1枚、レイレイがコロリンと斜面を転がって柔軟さをアピールしてくれたショットを選びました!

――シャンシャンのベストショットはいかがでしょうか?

【高氏氏】パンダ通いを始めた初日にひとめぼれをしたパンダのお尻ショットですが、今回は“シャンシャンバージョン”を見ることができ、感激しました!すっかりお母さんのシンシンと変わらない、立派な桃(お尻)に成長してくれて感無量です。

また、たけのこをほおばるシャンシャンを写したものもお気に入りの1枚です。春から初夏はたけのこのシーズンで、連日たけのこが振る舞われるのですが、一瞬で食べ終わってしまうため、なかなか食べているシーンに遭遇するタイミングが合わず、ようやく見ることができた1枚です。とってもおいしそうな表情で、見ているこちらまで満たされるんです。

なお、シャオシャオ、レイレイ、シンシンの観覧は事前の申し込みによる抽選で、専用サイトにて受け付けている。

※双子パンダの観覧には、事前に上野動物園の公式サイト内にある「ジャイアントパンダ母子観覧抽選サイト」から応募して当選することが必要。入園するための整理券だけでは双子は観られないので注意しよう。双子観覧に当選した人の入園方法については、園からの案内をよく読んで確認を。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

取材・文=平井あゆみ
撮影=高氏貴博