誰もが特別な思いを持っているであろう、生まれ故郷に対する“ジモト愛”を語るインタビュー連載・アイドルWalker。2022年1月に3人の新メンバーを迎え、パワーアップした今注目の男性グループ「IVVY(アイビー)」のメンバーを1人ずつ特集していきます。6人目に登場してくれるのは、アーティストを目指す前には警察官の内定をもらっていたという、異色の経歴を持つYU-TA!佐世保バーガーを思い出すようなボリュームたっぷりのハンバーガーを食べながら、地元・長崎について語ってもらいました。

■国際色豊かな街で育ちました
――長崎ご出身とのことですが、地域的にはどのあたりですか?

僕は、佐世保寄りの出身です。長崎は南北に長いんですけど、南側の長崎市周辺は中国・オランダ文化なので、食べ物でいえばカステラやちゃんぽんが有名です。逆に、北側の佐世保は米軍基地がある影響でアメリカ文化なので、ステーキやハンバーガーのお店が多く、メニューも英語だったりします。同じクラスには、お父さんが米軍で働いている子とかもいました。結構、国際色豊かな街だったかもしれませんね。佐世保バーガーもよく食べていたので、東京に来てからもハンバーガー屋さんによく行っています。

――佐世保バーガーは、普通のバーガーと何が違うんでしょうか?

基本的に、すごく大きいです!「米軍の方が1食でおなかいっぱいになるように」という意味合いもあるみたいで、本場アメリカのハンバーガーみたいなボリューム感ですね。

僕は、学生時代の塾帰りとかによく食べてました。部活が終わった後に塾に行くと、終わるのが夜の11時くらいになるのでヘトヘトなんですよ。そんな時に、友達と駅前にある大好きなハンバーガー屋に寄って、「疲れたね」「明日も頑張ろう」って話しながら食べて、電車で帰るみたいな。頑張ろう!って気合を入れる時のターニングポイントとして、ハンバーガー屋がありました。

――お気に入りの佐世保バーガーのお店は?

佐世保にある「ログキット」っていうお店です!何店舗かあるんですが、本店に行くと芸能人の方の写真が壁いっぱいに貼ってあるんですよ。むしろ全国チェーンのお店ではあまり食べなくて、東京へ来て行くようになりました。

■長崎の海は、悩みを吸い取ってくれる感じがします
――佐世保バーガー以外にも、地元のソウルフードはありますか?

3歳くらいまでは、南側の雲仙っていう地域に住んでいて、そこに“回しそうめん”のお店がありました。春夏にだけ食べられるんですけど、お店が山の中にあって、クーラーがついてなくても半袖だと寒いくらいなんです。そこがすごくおいしかったですね。

あと、ちゃんぽんは今でも仕事終わりによく食べます。フードコートとかでリンガーハットを見かけたら、絶対そこにしますね。あの黄色い看板見つけたら、もう他を選べない(笑)。

――まさにソウルフードですね。食べ物以外で、地元の自慢したいポイントは?

長崎って、日本で2番目に海岸線が長いんです。僕の家や高校からも海が見えましたし、常に近くにありました。何か悩みがあったら、海を見れば悩みを吸い取ってくれる感じがしますし、長崎の海が大好きです!

――海が美しい長崎で生まれ育つ中で、アーティストの夢を追いかけることになったキッカケは?

一番最初に音楽に触れたのは4歳か5歳の時で、親がクリスマスプレゼントでピアノを買ってくれました。でもそれでピアノを習いに行くというわけでもなく、ずっとエレクトーンをやっていた母親が「置いておけばやるだろう」くらいの気持ちでプレゼントしてくれたみたいで。歌うことも好きでしたが、自分がその道に進むっていうのはそこまで考えてなくて、エンタメは見るものだと思ってました。

それから高校3年生になり、進学か就職かを考えていた時に、EXILEさんの福岡のドーム公演を見に行く機会があったんです。その時に「アーティストになりたい」と思い、高校を卒業してすぐに上京。大学に進学した友達が就職する22歳までアーティストの夢を追ってみて、それまでに結果がでなければ諦めようと決めていました。

■地元の友達は、気を張らずに過ごせる存在
――地元の友人とは今でもよく会っていますか?

僕は警察官を目指していたんですが、同じように上京して警視庁や消防庁で働いている友達が何人かいるので、今でも連絡を取り合っています。芸能の世界にいる人間というよりは、昔と変わらずプライベートの人間として接してくれて、気を張らずに過ごせる相手なのですごくありがたいです。

――最近は長崎に帰れていないそうですが、帰省した際に「帰ってきたな」と感じる瞬間は?

長崎の空港に着いて、手荷物検査場の少なさを見た時(笑)。基本は2レーンくらいしか動いてなくて、たまに運よく3レーン稼働する時もあるんですけど、本当にそれでまかなえるくらいなんです。あとはタクシーのおじちゃんの方言を聞いたりすると、帰ってきたなぁって思います。

――長崎の方言には、どんなものがあるんですか?

上京してアルバイトしてた時に、長崎では「掃く」を「はばく」っていうので、それはビックリされましたね。あとは「あとぜき(扉を閉めること)」、「ランドセルをからう(背負う)」とか。語尾は「〜やけん」とか「〜ちゃろ」が多いです。

■長崎の観光大使、狙ってます(笑)!
――いつかIVVYが公演で長崎を訪れた際に、ファンの皆さんに行ってほしいオススメスポットは?

もしライブをやるとなったら長崎市内になると思うので、それならトルコライスがオススメです!大人版のお子様定食みたいな感じで、ワンプレートの上にケチャップライス・ナポリタン・とんかつなどが乗ってるんですよ。そして、トルコライスとセットでミルクセーキも頼むのが定番です。長崎のミルクセーキはかき氷に近いので、“飲む”というより“食べる”という感じ。市内だと有名なお店が何店舗かあるので、ライブで行った時は是非チャレンジしてみてください!

――素敵な情報、ありがとうございます!今後のアーティスト活動を通して、どんな風に地元に貢献していきたいですか?

僕は九州全体が大好きなので、自分がもっと影響力をつけていって、九州と長崎の魅力を全国に発信していきたいです。観光大使も狙ってます!(笑)ただ、佐世保だとEXILEのTAKAHIROさんやAAAの末吉秀太さん、長崎市の方に行くと福山雅治さんなど、長崎出身の有名なアーティストの方ってすごく多くて!でも言うのはタダなので、どこかしらの観光大使になれたらいいなって思ってます(笑)。