生まれ故郷には、誰もが特別な思いを持っているはず。全国各地の出身都道府県別に、アイドルたちがそんな“ジモト”への愛を語るインタビュー連載、アイドルWalker。

今回の東京編は、8月から定期公演を開催するなど、ますます波に乗る次世代ボーイズグループ・VOYZ BOYから、THE YELLOW by VOYZ BOYの新美直己さんが登場。風情ある東京の下町・月島を散策&もんじゃ焼きの腕を披露してくれた。自身も葛飾区の下町育ちという彼。柔らかな笑顔を見せながら、生まれ育った東京の好きなところについてほっこりトーク!

――東京出身という新美さんですが、どんな街で生まれ育ったんですか?

「僕の生まれ故郷は、“こち亀”(漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』)や(映画『男はつらいよ』の主人公)寅さんで有名な葛飾区なんです。学校が終わった放課後には、公園でひたすらサッカーとダンスの練習をしていました。それから、有名な帝釈天のある柴又に名物の草だんごを食べに行ったりもしていましたね。新小岩まで自転車でおいしいと評判のラーメンを食べ行ったり…。たくさんの思い出があります」

――じゃあソウルフードはラーメン?

「はい!東新小岩にある『麺屋 一燈』が大好きです!個人的には、東京で3本の指に入るくらいおいしいつけ麺屋さんだと思ってます。有名店なので知っている人も多いんじゃないかな?いつも行列ができていて、平日でも30分から1時間は待つんですけど、それでも食べたくてよく行ってました!」

――今日は、月島で下町散策&もんじゃ焼きのロケですが、もんじゃは食べたことありますか?

「もちろんです!僕が育った葛飾区も月島と雰囲気が似ている下町で、実家の近所にももんじゃ焼きのお店があるんですよ。だから、もんじゃ焼きも学生時代からよく食べていました。今日ロケをした月島にも、プライベートで何度か来たことあります。メンバーともコロナ禍になる前、『もんじゃ行こうぜ!』ってノリで盛り上がって一緒に来たことがあるんです。僕が特に好きなのは、この「明太もちチーズもんじゃ」!もんじゃ屋さんに来たら、絶対に頼みますね。メンバーみんなも好きなんですよ。いつも焼いてあげてます!」

――「僕が焼くから君は手を出すな」派?

「そんなことはないですよ(笑)。相手に任せます。『焼きたい!』っていう子だったら、全然やってもらいます。こだわり強い人もいますしね」

――今日のように下町散策をすることはありますか?

「散歩はよっぽど時間がないとしないかも(笑)。僕は下町で生まれ育ったので、見慣れた風景って感じですしね。僕が東京都内で友達と遊びに行くなら、車の免許があるので、お台場とか夜景のキレイなところにドライブとかが多いです。ゲートブリッジは、昼間の景色もいいんですよ。右側に海が広がって、左側がお台場の近未来な風景で。音楽を聴きながら、車を走らせるのは最高です」

――都会育ちだけど自然が好きなんですね。

「はい、とても自然が好きです。街で育ったから、逆に田舎に惹かれるのかな。だから、都内でも海が見える景色が好きですね」

――生まれ育った街で一番自慢できることは?

「葛飾区の自慢、たくさんありますよ〜!中でも、夏に開かれる『葛飾納涼花火大会』!比較的、近いところで花火を観られるので、すごい迫力なんです。オススメの花火大会です!僕自身も毎年、友達と観に行ってました!」

――では、ご自身の地元・葛飾区にはじめてきた人を案内するなら、どこへ連れて行ってあげたいですか?

「柴又帝釈天の参道に行って、草だんごやおせんべいの食べ歩きをしたいですね。食事は、夏目漱石や松本清張の著作にも登場する有名な川魚料理の料亭があるので、そこに行きたいです。都内に唯一残る貴重な渡し場『矢切の渡し』にいって、江戸時代初期から続く渡し船にも乗せてあげたいですね。柴又と対岸の千葉県を結ぶ江戸川の渡し船は、小説や歌謡曲にも登場しているんですよ。今は片道200円で乗船することができるんです!川の流れが穏やかなので、天気の良い日のデートにはぴったりだと思います!」

――地元に帰りたくなるのはどんな時ですか?

「僕はフィリピンとのハーフなんです。だから、母と電話をするとフィリピンにある実家にも帰りたくなりますね。以前は1年に2回くらいは遊びに行っていたんですが、ここ数年行っていないので久しぶりに帰りたいです。フィリピンの親戚にも会いたいし、家族でセブの海に行きたいですね〜」

――地元の方は、芸能界での活動をどんな風に応援してくれていますか?

「仲のいい友人や親戚は、僕がVOYZ BOYで活動していることを知っていて、応援してくれています!ライブにも来てくれたんですよ。『東京ドームまで絶対に行ってくれ!』と発破をかけられているので、その願いは絶対に叶えたい。地元の人たちの自慢の存在になれるよう頑張ります!」