観光地としても人気の葉山に、2020年に登場したのが「HAYAMA RV Site&Tent Site」。その名のとおり、車中泊はもちろん、テント泊やバーベキューなども楽しめるスポットとして注目を集めている。人気の街に誕生したキャンプ場の魅力を紹介する。

■【アクセス】逗葉新道終点から約5分!車でも電車でもアクセス良好
横浜横須賀道路・逗子ICより逗葉新道に進み、終点からわずか5分。左手にツリーハウスが見えたら、「HAYAMA RV Site&Tent Site」に到着だ。建築会社「STAR HOME(スターホーム)」の敷地内にあり、正直、キャンプ場があるとは思えない立地のため、ともすると見逃してしまうことも。逗葉新道を降りたら、周囲に注意して進もう。電車で向かう場合は、JR逗子駅または京急逗子葉山駅から京急バスに乗り、約15分。バス停水源地入口で降りればすぐ目の前。アクセスのよさは文句なしだろう。

車で約2分の場所には「ファミリーマート葉山町店」、「相鉄ローゼン 葉山店」、約5分の場所に「京急ストア 葉山店」があるほか、周辺にはドラッグストア、ベーカリーなども点在していて急な買物も安心だ。都心からの近さはもちろん、三浦半島や横須賀、鎌倉、江の島などにもアクセスしやすいので、滞在しながら周辺観光を楽しむこともできる。

■【コンセプト】自然の中で思い思いに楽しむ、贅沢なひと時を
運営するのは葉山に拠点を置く建築会社「STAR HOME」。『自然とともに愉しく暮らす』をテーマにした家づくりに定評がある。ところで、なぜ建築会社がキャンプ場を手掛けることになったのか聞いてみると、「最初は、会社のコンセプトでもある“自然とともに愉しく暮らす場所”として、自然観察のできるスポットを作ろうと考えました。どんな形にするか試行錯誤するうち、2020年、旅の途中に安心できる場所をとRVサイトをオープン。周囲の木々を伐採し、土地を開拓していくうち、テントが張れる平らな地面が出てきたのでテントサイトを設けました」と話してくれたのは、キャンプ場の運営を担当する北澤和典さん。

利用者は、鎌倉や逗子、横浜、東京など近隣に住む人が多いそう。「遠方のキャンプに行く時間はないけれど、ここなら気軽に来られるという方や、『初心者なので、とりあえずテントを張ってみたい』、『車中泊しながら鎌倉や三浦半島観光をしたい』など、さまざまな方がいらっしゃいます。アクセスが良いだけに、仕事を終えた夕方にチェックインをして、翌朝はここから仕事に行くというツワモノも。みなさん、自由なスタイルで楽しまれていますね」と北澤さん。

■【楽しみ方】山の息吹を感じながら、焚き火や川遊び。ワーケーションにも便利
「HAYAMA RV Site&Tent Site」は建築会社の敷地内ということもあり、一見するとキャンプ場とは思えない外観。チェックインは「STAR HOME」の社屋内で行う。入口には、熱帯魚の水槽があり、子供たちに人気だという。

受付では、薪の購入もできる。こちらの薪は、アウトドア歴の長い北澤さんらが考え抜いた、その名も「火を育てる楽しみがつまった薪セット」(約9キロ・1000円)。ネーミングを聞いただけでもワクワクしてしまうが、焚き付け用の細い針葉樹と火持ちのよい太い広葉樹がバランスよくセットになっており、じっくりと焚き火を満喫したい人におすすめ。

広々としたRVサイトの一画には、つい腰を下ろしたくなる展望カウンターデッキが。こちらは誰でも自由に利用ができる共有スペース。目の前に広がる山並みを眺めつつひと休みしたり、ワーケーションにもちょうどいい空間。カウンターには電源(利用料500円)、敷地内はフリーWi-Fiも完備されている。

さらに、ハンモックが置いてある芝生デッキを発見。こちらも空いていればいつでも自由に利用できる共有スペースだ。ハンモックに揺られて空を仰ぎ見ながら、ゆるりとした時間を過ごせるとは、何とも贅沢。

一見するとわかりにくいが、敷地内には小川が流れており、暑い日には川遊びをする親子の姿も見られるそう。テントサイトから川へは直接下りることができ、ちょっとした冒険気分を味わえる。足元に注意しながら川べりを散策したり、水辺の生き物観察を楽しみたい。

こちらでのもう一つの楽しみが、動物と触れ合えること。看板ヤギのユキヲくんは、子供たちに大人気。普段はヤギ小屋でのんびりと過ごしているという。ヤギ小屋の隣には、かわいらしい鶏たちの姿も。スタッフがいる時間帯は、ヤギや鶏と触れ合うこともできるので、興味のある人は声をかけてみよう。

■【テントサイト】焚き火や犬連れ…。目的に合わせて選びたい3つのサイト
テントサイトは、駐車スペースから一段下がったところにあり、バス通りがすぐそばとは思えないほどおこもり感がある。この秋、テントサイト直通の階段も完成し、より便利に。荷物の積み下ろしは、専用の滑車を利用できる。

テントサイトはいくつかタイプがあるが、焚き火を楽しみたい場合はウッドチップサイトかウッドデッキサイトへ。自然環境や近隣の住宅への配慮から、焚き火ができない区画もあるので事前に確認しておくのがベストだ。

ウッドチップサイトは全3区画あり、テントとタープが両方設営できるスペースを確保。土にウッドチップが敷いてあり、足元柔らか。

ウッドデッキサイトは、眼下に小川が流れ、耳を澄ませば川のせせらぎが聞こえる距離。1区画7.2×5.5メートルと、他のサイトに比べて空間が限られているので、タープを設営する際は、隣の区画に入り込まないよう注意したい。

リードなしで愛犬とのキャンプを楽しめるのが、木の塀で囲まれたドッグランサイト。テントサイトの中で最も広く、区画内ならば何張りしてもOK(利用は5名まで)。パラソルとベンチ付きのウッドテーブルが備え付けられている。こちらのサイトは、残念ながら焚き火(薪・炭)の使用は不可。もちろん、犬連れでなくても利用できる。

ドッグランサイトにテント泊のゲストがいない時間は、1時間まで無料でドッグランを利用できるサービスも実施。テントサイト、森林プライベートデッキサイト、RVサイト、いずれに宿泊の場合も利用できるので、当日の様子を見てスタッフに相談してみよう。

■【森林プライベートデッキサイト】裏山でおこもり、ハンモック泊にも最適
キャンプ上級者やソロキャンパーに人気が高いのが、裏山にある2組限定の「森林プライベートデッキサイト」。木立の中に設けられたプライベート空間は、まるで秘密基地。日が暮れれば、優しい光のライトがデッキを照らし幻想的な趣に。周りの木を利用して、ハンモック泊を楽しむのもいい。早朝には、珍しい鳥の鳴き声を間近に聞くことができるのも新鮮だ。

こちらのサイトは車の乗り入れができないので、徒歩1分の駐車場に車を停めてから荷物を運び入れよう。

■【RVサイト】車中泊に大人気!プライベートデッキ付きサイト&砂利サイト
プライベートデッキ付きや砂利敷きの車中泊用RVサイトは8台分。バス通りに面してはいるが、目の前には山並み、眼下には小川が流れ、自然を間近に感じられる。その上、夜は交通量も少なめなので、静かに過ごせそうだ。また、区画内では調理や焚き火ができるのもうれしいポイント。テントやタープの設営もOK。各サイトには、AC電源、給水用水洗も完備されている。

■【ユーティリティ】清潔感あふれる設備で気持ちよく過ごせる
建築会社が運営する施設だけに、トイレや炊事場、シャワールームなど、水回りの快適さも魅力。男女別のトイレは社屋内にあり、内装にもひと工夫。タイルが施されたおしゃれな空間は、まるでホテルかと錯覚しそうな雰囲気だ。24時間利用できるのはもちろん、清掃も行き届いており、安心して利用できる。

「とにかく焚き火をする」「早めに仕事を終えてキャンプ」「タープを張る練習がしたい」「外飯を楽しみたい」など、それぞれの目的に合わせた過ごし方で気軽なアウトドアライフを楽しめる「HAYAMA RV Site&Tent Site」。賑やかに過ごしたい人には不向きだが、「自然を感じながらゆったりした時間を」という大人にこそぴったりな場所だ。


取材・文=寳田真由美(オフィス・エム)、水島彩恵

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。