福岡ソフトバンクホークスの一員としてプロ生活2年目を迎えた高橋純平投手。子供のころから“野球ひと筋、夢はプロ野球選手!”なのかと思いきや、全く違う未来を描いていたようだ。ターニングポイントとなった高校2年の秋のできごとを交えながら語る。

――高橋投手のルーツを探ってみたいのですが、野球を始めたのはいつからですか?

「小学2年で始めて、最初は軟式でした。当時はショートとかファーストとか外野とか、いろいろでしたね。ピッチャーになったのは小学6年から。中学で硬式に転向しました」

――子供のころに憧れていた選手は?

「岐阜県出身なので、プロ野球を見に行くとなるとナゴヤドーム。もっぱら中日戦でしたね。選手としては阪神の能見さんのマウンド捌きが好きで、こんな投手になりたいと憧れていました」

――将来の夢は子供のころからプロ野球選手?

「それが、子供のころの夢は医者だったんです。中学時代には毎日整体に通っていたんですが、施術を受けながらアスリートをサポートする側の仕事もおもしろいと感じていましたね。プロを真剣に目指すようになったのは高校2年生からです」

――それは何かきっかけがあったんですか?

「高校2年秋の東海大会準決勝が僕のなかでは大きなターニングポイントでしたね。その試合に勝てば春の甲子園に出場できるという重要な試合でした。リードしていたんですが、9回に打たれて同点に。それまでの自分のパターンだと、そのまま打たれ続けて逆転負けするケースが多かったんですが、その試合は同点で粘って最後に勝つことができたんです。この試合をきっかけに“勝てるピッチャー”に成長できたなと感じました」

――甲子園では4試合投げていますが、どんな場所でしたか?

「最高の場所ではありましたが、いい思い出よりも、自分の実力不足、特に何試合も投げ抜く体力のなさを痛感させられた苦い記憶の方が残っていますね」

ドクターとしてスポーツ選手を支える高橋投手の姿も見てみたかったが、ホークスの主軸となって活躍する未来に期待したい!次回は、2017年4月の1軍デビュー戦で受けたプロの洗礼について、本音を教えてくれた。2017年8/1(火)の配信をお楽しみに!【九州ウォーカー編集部/取材・文=近藤耕平、撮影=山辺 学】

※高橋投手の「高」はハシゴダカ