「花木肉店」は、肉とワインに目がないオーナーが洋食店「花木酒店」の隣にオープンした肉店。仕入れるのは鹿児島県産黒牛など、黒毛和牛のA5ランク。庶民的な雰囲気ながら出す肉もワインも一級品で、早くも肉好きから高評価を受けている。<※情報は関西ウォーカー(2017年6月20日発売号)より>

■ 黒毛和牛A5を惜しげもなく!肉の魅力を味わい尽す肉劇場

「コースメニュー」(1万円円/全13品〜 ※写真は各2、3人前)。内容は日替りで、肉メニューのみ掲載。注文は1名から可。「仕入れによりお肉の内容は日々変更。コースは前日までに予約を。アラカルトもありますよ。高級肉を腹いっぱい食べてください!」と、店長の辻尾龍一さん。

「炙りユッケ風(ハラミ)」。脂多めの上質なハラミが口の中でとろけ、旨味が舌に絡み付く。甘めの自家製ダレもマッチ。

「ツラミ刺し」。生ハム張りに薄くスライスしたツラミは、箸で2、3枚まとめてパクリ。脂がサラっと溶ける。

「シャトーブリアン」。最も希少価値の高い最高級部位。口に入れた瞬間押し寄せる旨味の波!ブロックで食べ応え十分。

「リブロース塊焼き」。リブロースの切れ目にニンニクを詰めた衝撃の外見。目の前で焼いて切り分けてくれる

「上タン」。タンのなかでも特に柔らかい根元だけを使用。塩を振ってあるので軽く炙ってそのまま。

「フランク(特上カルビ)」。カルビのなかでも腹直筋に当たるフランクは、適度なサシが入って柔らかくあっさり。

「サガリ」。サガリは横隔膜の部分でホルモンの一種。赤身質で肉質はとても柔らかく肉の味が濃い。

「上ハラミ」。上ハラミは脂と赤身のバランスが絶妙で、旨味・柔らかさ共に極上の定番人気部位。

ウッディで清潔感のある店内。奥には4人用個室もあり。

■花木肉店<住所:大阪市浪速区幸町1-4-11 電話:090-4063-4445 時間:18:00〜27:00 休み:不定休 席:20席 駐車場:なし 交通:地下鉄千日前線桜川駅より徒歩4分>【関西ウォーカー編集部】