2017年7月29日から8月6日(日)まで、愛知県の各所で開催されている「世界コスプレサミット2017」。今年は34の国・地域から代表のコスプレイヤーが集結し、コスプレをテーマにした国際交流のため、期間中に行われるさまざまなイベントに参加する。そんななか8月2日(水)に代表コスプレイヤーが名古屋市の河村たかし市長を表敬訪問した。

■ 今年は「新世紀エヴァンゲリオン」の「碇ゲンドウ」のコスプレ

世界コスプレサミットの表敬訪問では、毎年、愛知県の大村秀章知事と名古屋市の河村市長がコスプレ姿で代表コスプレイヤーを出迎えることでSNSを中心に話題となっている。今年、河村市長は「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する碇ゲンドウのコスプレを披露。来日した海外のコスプレイヤーたちにエールを送った。

■ 過去に話題となった名古屋市・河村たかし市長のコスプレラインナップ

河村市長は過去に披露したコスプレはイケメンキャラクターのものが多いのが特徴だ。2013年には石ノ森章太郎原作のアニメ「サイボーグ009」の「島村ジョー(009)」のコスプレで登場した。また2014年には「銀魂」の「坂田銀時」のコスプレを披露した。

そして2015年は「美少女戦士セーラームーン」に登場する「タキシード仮面」の衣装を、昨年の2016年は名古屋が舞台となったマンガ「終わりのセラフ」に登場する吸血鬼「クローリー・ユースフォード」の衣装をまとい、多くの注目を集めた。

海外コスプレイヤーたちはこの後、8月5日(土)・6日(日)に行われる「世界コスプレチャンピオンシップ」に出場。“コスプレ世界一”を目指して、日本でおなじみのアニメやマンガをテーマにパフォーマンスを競い合う。作品の世界を再現したパフォーマンスが披露されるので、ぜひこちらも注目しておこう!【東海ウォーカー/淺野倫孝】