日本初!出店テーマが毎月変わる”進化形横丁”秋葉原駅高架下「TOKYO UMAI YOKOCHO(東京うまい横丁)」の8月の出店店舗が公開された。8月1日(火)から8月30日(水)まで肉フェス監修の肉料理を食べることができる。

8月のテーマは「肉」。累計来場者数470万人超えの国内最大級のモンスターイベント「肉フェス」がプロデュースした。肉フェスでも同じみ「肉屋 格之進F」からは、門崎熟成肉を豪快に塊の状態で焼くことで、香ばしくジューシーに仕上げた「門崎熟成肉 塊焼」と、門崎熟成肉を贅沢につかった「門崎熟成肉カレー」。舌の上でとろける「A5和牛赤身ローストステーキ」を提供する「銀座 WORLD DINNER」の肉の塊が入った「自家製黒カレー」も必見だ。「近江牛キッチンKURO」からは、近江牛を贅沢に使った肉汁溢れる「近江牛メンチカツ」と、近江牛が存在感たっぷりの「近江牛カレーうどん」など、肉好きも納得の肉料理とカレーがラインナップする。

また、期間中は「今夜をもっと楽しくする」をコンセプトとした、今夜の飲み仲間をみつけるための飲み会マッチングアプリ「JOIN US(ジョイナス)」と“うま横”(東京うまい横丁)がコラボ。「東京うまい横丁」会場内ドリンコーナーにて、JOIN USアプリ画面を提示すると毎日一杯ドリンクが無料となる。また、JOIN USアプリ上で会場内にいるユーザー同士を自動的に無料でマッチング。この夏は“うま横”で、みんなで飲んで、食べまくろう!

「TOKYO UMAI YOKOCHO(東京うまい横丁)」とは、「和牛」「寿司」「餃子」などの、日本が誇る”おいしいもの”と”日本の食文化”を世界へ発信していくことをコンセプトとして誕生した。年々増加する訪日外国人に向け、日本の”食”はもちろん、”食文化”を楽しめる空間となっている。さらに、「肉フェス」や「餃子フェス」のようにあらゆる地域で体感できる”移動式横丁”として今後も開催を予定している。

美味しいお料理はもちろん、居合わせたお客さん同士で気軽にお酒を交わす、「横丁」のアットホームな雰囲気も“うま横”の魅力の一つ。ぜひ一度足を運んでみて。【ウォーカープラス編集部/安藤果那子】