神奈川・三浦海岸海水浴場に高さ4メートルの巨大な砂山「ギガ砂場」を、7月28日(金)から7月30日(日)までの期間限定で開催する。

場内には300トンもの砂を使用した高さ4メートル、横幅12メートルの巨大な砂山が出現。さらに、砂山と同じ4メートルの大きさの「ギガシャベル」も設置する。大人も子供も思いきり遊べるこの巨大な砂山では、誰でも自由に遊ぶことができるほか、用意された4つのアクティビティなゲームに参加することができる。

その1つがバトルフィールド「ギガ砂場」で逃げ回る鬼を狙う「ビーチサバゲー」だ。ルールは、ウォーターガンで逃げる鬼の頭・肩・足に固定された和紙の的を狙い撃ち、全て破くことができたら勝利となる。

会場にはフライパン曲げのギネス世界記録を持つジャスティス岩倉が鬼として登場し、実際にフライパンを曲げてみせ、圧巻のパワーを見せつけた。しかし、ゲームが始まると逃げる鬼を全力で追いかけ回す子供たちの元気な姿が場内を埋め尽くし、的をすべて射抜かれて子供たちが勝利する展開となった。

この他にも、会場ではギガ砂場をそりで滑る「ダートスライダー」やギガ砂場のてっぺんにあるフラッグを奪い合う「ダートフラッグス」、ギガ砂場に埋もれている宝をハントする「ダートハンティング」なども行われる。

なお、ゲームに参加した方にはもれなく景品をプレゼント。さらに、ゲームで勝利すると小学生以下の子供にはおもちゃ、それ以上の大人には花王の洗剤・ウルトラアタックNeoがプレゼントされる。

同イベントは、花王が衣料用洗たく洗剤「アタック」の誕生30周年を記念したもの。「よごそう。」をテーマに、子供から大人まで、よごれを気にせず夢中になって遊べる場所となっている。子供たちはもちろん、まだ海に出かけていない大人の方も「ギガ砂場」で思いきり砂にまみれて遊んでみてはいかがだろうか。【ウォーカープラス編集部】