■ 福岡の人に愛される、かすうどんを目指して

2017年4月、大阪府南河内の郷土料理“かすうどん”を看板に掲げる店「かすうどん昇馬」が福岡市中央区薬院にオープンした。店を切り盛りするのは、幾竹さん家族。ハーレーで日本各地を巡るのが趣味というオーナーの雅さんが、大阪で食べた“かすうどん”のおいしさに衝撃を受け、この味を福岡でも広めたいと思ったのが開業のキッカケだ。

ここで提供される“かすうどん”は、ほんのり甘い昆布ベースのダシに、ほどよいコシのある細麺を使った、福岡向けに改良されたもの。最後に、牛の小腸を素揚げした“かす”をたっぷりと乗せれば完成だ。時間が経つにつれ、“かす”の脂がスープにとけだし、濃厚でコクのある味わいを堪能できる。

■ 厳選食材にこだわるサブメニューにも注目

11:00〜15:00のランチタイムには、「とろろかけごはんセット」(930円)や「和牛丼セット」(980円)など、大川産の無農薬米、ひのひかりを使ったごはんとうどんのセットメニューがそろう。なかでも、「龍のたまごかけごはんセット」(820円)が一番人気。栄養価の高い母鶏から生まれた大分県産「龍のたまご」は、一度食べるとヤミツキになるほど濃厚な黄身が楽しめる。

夕方からは、うどん居酒屋として営業がスタート。通常のうどんメニューに加え、「馬刺し」(1000〜1200円※仕入れ状況により変動あり)、「手羽元」(480円)といったおつまみメニューが勢ぞろいする。単身者向けに「夜定食」(980円)も用意。毎日通いたくなるほどのおいしい食事はもちろん、気さくな幾竹さん家族の雰囲気もまたこの店の魅力だ。

【九州ウォーカー編集部/文=浅原麻希(シーアール)、撮影=本田純一】