資生堂パーラーは、8月1日(火)から8月31日(木)までの期間、銀座本店サロン・ド・カフェにて「2017真夏のパフェフェア」第2弾を開催する。今回も、産地や旬にこだわったフルーツをメインにしたパフェが4種登場。8月ならではのいちじくのパフェはフレッシュそのものを楽しめる。また、人気のストロベリーパフェは第1弾に続き、夏・秋に美味しい貴重な品種「夏秋いちご“恋姫”」が登場する。

“最後まで美味しく味わってほしい”という想いが込め、パフェグラスの下層までフルーツゼリーや果物のコンポートなどを盛り込んだパフェが楽しめる。

「沖縄県産 マンゴーのパフェ」(2580円)は、太陽の恵みをいっぱいに浴びて育った沖縄県産のマンゴーを贅沢に使用したパフェ。濃厚なコクを感じる一番美味しい旬のものでの用意するため、期間によりアップルマンゴー、キーツマンゴーで登場する。

「国産 黄金桃と白桃のオリエンタルパフェ」(1890円)は、ジューシーな国産の黄金桃と白桃のコンポートに抹茶アイスクリームを合わせたオリエンタルな仕上がりのパフェとなっている。

旬のフルーツを贅沢に使用した資生堂パーラーオリジナルのパフェで夏を満喫して。【ウォーカープラス編集部/安藤果那子】