ジャスティン・ビーバーの等身大フィギュアが8月11日(金)から10月31日(火)までの期間限定でマダム・タッソー東京に登場する。また、前日の8月10日(木)には1日限定で東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードにも展示される。

最新アルバム「パーパス」も世界中で大好評のジャスティン・ビーバー。残念ながらワールドツアーの日本公演は中止になってしまったが 期間限定でマダム・タッソー東京にやってくる。今回、展示するジャスティン・ビーバーの等身大フィギュアは、2016 年春にファッションブランド「カルバン・クライン」のモデルを勤めたときのポートレートをもとに、20 人以上の「マダム・タッソー」の彫刻師たちが本人と一寸違わない姿を作り上げるために実に 6 ヶ月もの期間をかけて制作された等身大フィギュア。現在の坊主頭の直前の少し伸びたブロンドヘアを横に流したヘアスタイルに、上半身のタトゥーも細かく再現され、1 体の制作費はおよそ2000万円。

8月10日(木)の東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードでの1日限定展示では、ジャスティン・ビーバーと一緒に写真を撮って、マダム・タッソー東京の公式SNSをフォローした後にハッシュタグ#マダムタッソー東京で、投稿すると抽選でマダム・タッソー東京の年間パスポートがプレゼントされる。また、当日は数量限定でクーポン付き団扇の配布。その他、ジャスティン・ビーバーグッズがセットになったマダム・タッソー東京のグッズ付きチケットも8月1日(火)より販売開始した。

等身大フィギュアは、見て、触れて、一緒に写真を撮影して楽しめる。ここでしか見ることのできない貴重な機会となるので、来日を楽しみに待っていたファンもあまり知らない人も是非ジャスティンの等身大フィギュアに会いに行って本人のスケールを感じてみて。【ウォーカープラス編集部/高橋千広】