恵比寿ガーデンプレイスは、8月4日(金)から9月3日(日)までの期間中、時計広場を会場とし、カフェ、アルコールなどドリンクを飲みながら、読書や短編映画、アニメ、伝統文化、環境などの映像作品が自由に鑑賞できる期間限定のテラス「The Book & Film Bar」をオープンする。

「The Book & Film Bar」は都心で夏を快適に過ごすことを目指し、野外のテント&ソファにて、自然を感じながらゆったりとした時間を過ごすことができる。期間中は、センター広場においても、野外映画上映、ヨガの体験イベント、ハワイフェスティバルなどが楽しめる「恵比寿ガーデンピクニック(7月15日から9月3日)」も開催されており、恵比寿ガーデンプレイスの様々な場所で、夏を快適に過ごすためのイベントが行われている。

「The Book & Film Bar」では、麦芽100%使用のプレミアムビールであるヱビスビール(700円)をはじめ、シャンパーニュ界の伯爵とも讃えられているテタンジェ(1200円)、夏カクテルの王様、モヒート(700円)などを販売。

また、毎日19:00からは、テラスに設置したスクリーン(100インチ)にて、恵比寿の映像制作会社ROBOTがセレクションした、日本をはじめ世界各国のアニメーションや新進気鋭の監督による短編映画、第一線で活躍する映像作家の作品などを上映する。

更に、今年の3月まで当施設のグラススクエアにあったパブリックスペース「COMMON EBISU」の「感想文庫=(読み終わった本を集めて作られた未来型図書館)」に利用者から寄贈された約1000冊の本を自由に楽しめる図書館をテラス内に併設。

夏の夜のひととき、冷たい飲み物を嗜みながら、親しい方達との寛ぎの時間を過ごしたり、誰かがお勧めする本やのんびりと映像を楽しんだり、思い思いの時間が楽しめる。 【ウォーカープラス編集部/篠田】