8月10日(木)、福岡パルコ本館地下一階に、「羽根つき焼小籠包」を定食スタイルで楽しめる「鼎’s(Din's)」が九州で初めてオープンする。

名物は「羽根つき焼小籠包」定食。「羽根つき焼小籠包」とは、台湾で屈指の人気を誇る小籠包の超有名店「京鼎樓」のトップ点心師・総料理長である「陳 章雄」が焼き餃子の大好きな日本人を想い、開発した特別な小籠包。「鼎's」(Din's)でしか食べられないオリジナルメニューだ。「特製酢味噌だれ」と唐辛子の香りまで楽しめる「香港ラー油」を合わせれば風味はバツグン。ピザカッターでカットすれば中身は肉汁たっぷり。お酒も進むこと間違いなしだ。

他にも台湾のB級グルメ魯肉飯(ルーローハン)や、台湾夜市のわらじ唐揚げ丼と「羽根つき焼小籠包」をセットにした定食をラインナップ。

全国のグルメフェスで話題沸騰中の羽根つき焼小籠包を食べに行こう。【ウォーカープラス編集部/岩下大志】