東京マリオットホテルは、 2017年9月15日(金)より、「ラウンジ&ダイニング G」にて、オリジナルワイン「キュヴェ マリオット2013」の提供を開始した。

「キュヴェ マリオット2013」は、サントリーワインインターナショナル株式会社と、山梨県の甲斐市のサントリー契約栽培畑にて、2013年に収穫したグレートヴィンテージ「マスカット・ベーリーA」の中から、ポテンシャルの高いぶどうを厳選。長野県塩尻市にてぶどうの豊かな果実味と相性がよい国産ミズナラ樽で2年間熟成し、柔らかい果実味とココナッツのような余韻を感じさせるスペシャルキュヴェに仕上げた。

また、「キュヴェ マリオット2013」とあわせて楽しみたい秋の美食として、「グリル コンボディナー 〜ゴーローカル〜 」がおすすめ。東京マリオットホテルがお届けする前菜からメインに至るまでそれぞれ厳選した日本食材を使用したグリルコンボディナー。 東京にいながら日本各地の美味を探訪することができる。メインは、ジューシーな伊豆産の鹿肉にグリル野菜などを合わせたボリューミィーなブロシェットスタイル。

ぜひこの機会に、東京マリオットホテルへ足を運んで、日本産のプレミアムワインならではの繊細かつエレガントな味わいと、「ラウンジ&ダイニング G」の厳選した旬の日本食材を使用したグリル料理の至極のマリアージュを堪能してみては。【ウォーカープラス/藤井もか】