プロバスケットボールリーグの「B.LEAGUE」(Bリーグ)は、2018年1月14日(日)に熊本県立総合体育館にて「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2018」を開催する。それに先がけ、12月4日(月)「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2018ファン&メディアイベント」が東京ドームシティにて開かれ、タレントのおのののかがゲストとして登場した。

「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2018」のアンバサダーを務めるおのは、「私自身ずっとバスケに携わってきたのでとても嬉しいです。選手のみなさんとご挨拶させていただいたんですけど、オーラがすごすぎました!」と喜びをあらわにした。その後、栃木ブレックスの田臥勇太選手をはじめとする計10名のBリーグ選手が登場。おのがハイタッチで出迎えた。

イベントでは、「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2018」や恵比寿でのライブビューイングの紹介が行われる中、2人の選手がチーム公式インスタグラム用の写真を撮り続けていることに話題が移った。そこでインスタグラムのフォロワー数約25万人超えのおのが、投稿のポイントを伝授することに。

「クールなみなさんが普段見せない、可愛い表情とか、そういったギャップが大事だと思うんですけど」とぶりっ子ポーズを提案したおのは、川崎ブレイブサンダーズの篠山竜青選手と撮影。アルバルク東京の馬場雄大選手はチームの先輩である田中大貴選手を指名し、おのと3人で変顔を披露し会場を沸かせた。

その後は、オールスターゲームで勝利した「B.BLACK」か「B.WHITE」、どちらかのチームのうち1名の希望を叶えるというおの考案の企画が発表。「B.BLACK」の代表として馬場選手の「No.1 インスタグラマーになれるように、インスタ映えする写真を一緒にとりたい!(ぜひ二人きりで)」という願いと、「B.WHITE」篠山選手の「『#彼女とB.WHITEの応援なう。に使っていいよ』というコメント付きで、写真投稿をお願いします!」という願いが会場スクリーンに映し出された。おのは「どちらのお願いも叶えてあげたいんですけど、勝ったチームの願いを叶えたいと思います!」と、笑顔で約束を交わした。

イベントの最後には、大河正明チェアマンが「ALL-STAR GAMEは熊本から始まりますが、これから地方各地をまわっていきたいと思っています。日本を代表する選手が集うスペシャルなゲームですので、全国のみなさん、ブレイク・ザ・ボーダー(境界を壊せ)でよろしくお願いします!」と、B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2018 にかける熱い想いを語った。(東京ウォーカー(全国版)・国分洋平)