2017年の流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれるほど社会現象になっているインスタグラム。若者の中では必須のSNSツールになっていますが、ここ札幌市でもそんなインスタ映えするお洒落なお店が結構あるんです。その中でも今回は特におすすめの3つをご紹介します。これを読んで札幌のお洒落なスポットをおさえましょう。

■ オヨヨ通りのオシャレなカフェ「バリスタートコーヒー」からスタート!

地下鉄大通駅から徒歩3分のこのエリア。かつてオヨヨ通りと呼ばれ、喫茶店や古着屋などユニークな店が軒を連ねていましたが、また最近オシャレな店が増えてきているのです。その1つが、このコーヒースタンド「バリスタートコーヒー」。まずは温かいコーヒーで一息いれながら1ショット! 甘みとうまみを堪能できるように、注文時にはまず美瑛か十勝のジャージー牛と函館のホルスタインからミルクを選び、その後コーヒーか紅茶を選択するようになっています。店内では同店のオリジナルグッズも販売。帰り際にもオシャレな外観でもう1ショット!

■ オシャレでかわいいフルーツ生春巻きを撮る!

オシャレなコーヒーで一息ついたら、次はかわいい食べ物を撮りに行きましょう。地下鉄西11丁目駅より徒歩3分のところにある生春巻き専門店「Halu」。生春巻き専門店というだけでも珍しいのに、華やかさを取り入れるために、なんとフルーツを使っているのです! 道産食材にこだわり、保存料を一切使わない体にやさしい生春巻きは全6種。もちもち触感の透明なライスペーパーに包まれたかわいいエビやフルーツなどの生春巻きは「インスタ映え」間違いなし!

その他にも北海道らしい味という思いのもと誕生した「ラベンダー生ハム 」(486円)や「ジンギスカン」(486円)などの変わり種も人気があります。旬で入れ替わるフルーツや季節限定メニューなど食べる人を飽きさせない味と見た目で、インスタにはもってこいのお店。

■ インスタ映えしすぎる噂のメニューとは!?

インスタの〆には、「キレイ」「かわいい」とは一味違った「オドロキ」を入れてみませんか? 2016年12月に円山の住宅街にオープンしたカレー専門店「円山教授。」。ここにインスタ映えし“すぎる”メニューがあると話題になっています。お店の扉を開けると目に飛び込んでくるのは、壁や天井に配管などが張り巡らされた洒落た店内。装飾は、ほぼすべて店主の田村さんが自作したものなんだとか。

当店で噂になっているメニューの正体が、「エッグドフロマージュカレー」 !

どう見てもカレーとは思えない見た目のこの一皿。まるでケーキのような見た目をしています。しかし、スプーンを入れると中からカレーと半熟卵がとろり。周囲のふわりとした粉の正体は、チーズと玉子を炒ってそぼろ状にしたもの。もちろん見た目だけでなく、カレーとの相性も抜群です。この「オドロキ」をぜひとも写真に収めましょう。

おいしいだけじゃなく、目で見ても楽しいこの3店。街並みや雪景色以外にも、ちょっと意外なこれらのメニューもインスタ映えするのでおすすめです。札幌に遊びに来たときはぜひここに来て「いいね」を集めましょう!

バリスタートコーヒー ■住所:札幌市中央区南1西4-8 ■電話:011・215・1775 ■時間:9:00〜19:00 ■休み:年末年始 ■席数:6席(禁煙) 

Halu ■住所:札幌市中央区大通西14-3-30 ■電話:080・3231・3385 ■時間:11:00〜18:00(LO) ■休み:火曜 ■席数:9席(禁煙) 

【カレー専門店】円山教授。 ■住所:札幌市中央区南4西21-1-27 第5藤栄ビル ■電話:011・522・8886 ■時間:11:00〜15:00(LO)、17:30〜21:00(LO) ■休み:不定 ■席数:20席(禁煙)

【取材・文/ディライツ、高橋まりか(グラフィオジャパン)、加藤太一 構成/出村聖子 撮影/足立 聡、樫本善太、亀畑清隆】(北海道ウォーカー)