2018年7月8日、武蔵小杉にチャコールが自慢のアメリカンダイニング「CHARBRO(チャーブロ)」がオープンした。余計な手を加えずチャコールで焼く「リブ・アイ・ステーキ」(225g〜2,800円〜)やハンバーグはいずれも肉汁あふれる滋味深さ。店内で6時間じっくり薫製した「ポークバックリブ」(3,600円)、スモーキーなベーコンを使った料理なども楽しめる。そのほかにも、ハンバーガー(1,000円〜)、サラダ(600円〜)、サンドイッチ(1,100円〜)などのアメリカンフードを多彩にそろえている。肉料理のお供はクラフトビールがおすすめで、アメリカの「GIGANTIC」(ハーフ800円)など2種類ある。

■ ポイント1:素材の旨味を引き出し焼き上げるチャコール料理

チャコール料理は、素材本来の旨味を最大限に引き出すために焼き方に工夫が。肉の場合は、冷蔵庫から一度出して常温に戻して味を落ち着かせ、強火で一気に焼いたあと、5分寝かせることで旨味を全面に出している。焼き方もミディアム、レアなど自分好みにオーダーできる。

■ ポイント2:店内の専用燻製器でヒッコリーで薫製

店の看板メニューの一つが薫製料理だ。店に専用の薫製器があり、ヒッコリーで6時間じっくりスモークし、特有の風味を付けている。店で作っている自家製ベーコンや、パストラミなどスモークしているので、ぜひお試しあれ。

■ ポイント3:貸し切りにも対応できる空間

アメリカにあるダイニングをイメージした店は、1階はカウンター、2階はテーブル席で構成され、訪れた人数・シチュエーションにより選べるのがうれしい。また、落ち着いた雰囲気で、我が家のようにくつろげる。2階は貸し切りパーティーにも対応していて、1人3500円〜。

■ 取材担当・Qの感想

チャコールの火加減が絶妙。ステーキやハンバーグなどの肉料理どれもジューシーで、あとを引く味わいです。また、クラフトビール「GIGANTIC」はほかの店にはあまりないブランド。ステーキとの相性も抜群ですよ。(横浜ウォーカー・横浜ウォーカー編集部)