愛知・日間賀島には、絶品グルメがたくさん!なかでも今回は、コンテスト3連覇のスゴ腕料理人によるフグ料理と、人気ドラマ「孤独のグルメ」に登場したグルメをご紹介。ほかにも、絶景を満喫できる温泉や定番みやげなど、日間賀島の魅力を存分にお届けする。

■ スゴ腕の店主が手がける、芸術的なフグてっさ盛り

フグ解禁に合わせて毎年行われる「ふぐてっさコンテスト」で、3連覇を果たした店主が腕を振るう「多幸主人の宿 とくがね」。フグのコースは8640円から。

卓越した包丁さばきで、均等に薄く切りながら角を立たせるように仕上げる「てっさ(フグ刺し)」(1人前4320円〜)は、見栄えがいいだけでなく、独特の柔らかな食感が評判だ。数週間かけて仕込んだ、まろやかな風味の自家製ポン酢で味わおう。

ぶつ切りのフグや野菜がたっぷり入った「フグちり」(1人前3240円〜、注文は2人前〜)もおすすめ!シメはフグのダシで雑炊を。

「フグ唐揚げ」(1620円〜)は、外はサクサク、中はホックホクの食感。とてもジューシーで、噛むごとに旨味があふれてくる。

■ タコの風味と香ばしい醤油ダレが絶品

「Barca」では、シラス工場直営のため、新鮮なうちに下処理された釜茹で&生のシラス丼(1080円)が味わえる。ドラマ「孤独のグルメ」の主人公・井之頭五郎が食べた名物「たこ串」など、タコメニューも豊富。

■ 直前まで生かした鮮度抜群の魚介グルメ

舌の肥えた島民にも人気の食事処「御やど 乙姫」には、大きな生けすがあり、直前まで生きていた鮮魚が味わえる。五郎が舌鼓を打った「たこめし」は、タコの旨味が染み渡ったモチモチのご飯が美味。日替りで自家製の海苔のつくだ煮などがつくのもうれしい。

■ 露天風呂からオーシャンビューを満喫

「すず屋 海游亭」では、最上階の6階に設けられた展望風呂で、日帰り入浴ができる。内湯と露天風呂があり、三河湾と伊勢湾の絶景が一望できる。日帰り入浴付き食事プラン(5400円〜)も好評だ。

■ 名物まんじゅうから海鮮グルメまでそろう

旅のシメには、島の名産品がそろう「かもめ」にも立ち寄ろう。日間賀島の定番みやげ「多幸まんじゅう」を店内で製造・販売している。こしあんが入ったひと口サイズのまんじゅうで、できたて(1個55円)も購入できる。そのほか、地元産シラス(300g1296円)や「たこの塩辛」(842円)など、海鮮グルメ系のみやげが100種類以上並ぶ。

日間賀島には、フグやタコなどの海鮮料理が評判の名店がズラリ!島グルメを堪能するドライブ旅に出かけよう。(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)