広島県福山市のふくやま美術館で3月24日(日)まで、「ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」が開催されている。

『やさいさん』『しろくまのパンツ』『パンダ銭湯』など、人気絵本を次々に生み出している話題の作家・tupera tupera(ツペラツペラ)の展覧会。同展では、代表作である絵本の原画を中心に多様な活動を紹介。

また、等身大の「しろくま」のオブジェや「パンダ銭湯」のセットなど、絵本の世界を3次元化したようなドキドキとワクワクがとまらない展示空間も楽しめる。

担当者は「2月、3月のイベントでは、作家が描き下ろしたイラスト付きのスペシャルワークシートで謎解きゲームも楽しめます。ぜひ全問正解し、非売品グッズを獲得してください!」とさらに楽しめるイベントを教えてくれた。

子供も喜ぶ同展。親子で楽しめる展示なので、親子で行こう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)