SNSには“ねこジェニック”な写真があふれ、のんびり暮らしている一般ねこでも飼い主の手腕ひとつでスターになれる時代。そんなスターねこを生み出した人気ねこクリエイターにインタビューするシリーズがスタートします!第1回目に登場してもらうのは、rojimanさん。「抜け毛帽子」などのアート作品をのせたInstagramのフォロワー数は10万人超という、ねこ好きには有名な存在だ。今回は、ねこちゃん3兄弟とのエピソードや、作品づくりについてお話を聞いたにゃん♪

■ ふわもこなアート作品は、ねこちゃんの抜け毛からできている!?

rojimanさんの家で暮らすのは、毎日の晩酌に付き合ってくれる甘えん坊のニャアと、好奇心旺盛でやんちゃなムギと、マイペースで人見知りのマル。グレー、茶、白と毛色の違うスコティッシュフォールドの仲良し3兄弟だ。“とうちゃん”ことrojimanさんと、“かあちゃん”ことumatanさんと一緒に、日向ぼっこをしたり、ダンボールの車でドライブごっこをしたりと、毎日楽しく過ごしている。

そんな3兄弟だが、ふわもこな帽子をかぶっている写真がきっかけで人気に火が付いた。

それもそのはず、実はこれらの帽子は、ねこちゃんたちの抜け毛を成形して作られているのだ。 umatanさんが「日々のブラッシングで抜けた毛を何かに使えないかな?」と思ってねこの帽子を作ってみたのが始まりだったという。グレー、茶、白という3色の抜け毛を駆使してデザインした帽子は、ペンギン、ねこ耳、うさぎ耳、カツラなど100種類超!どれも3色の抜け毛からできているとは信じがたいほどのクオリティである。

そして、そんなこともつゆ知らず(?)自分たちの抜け毛で作った帽子をかぶっておすましする3兄弟。その、なんともシュールな姿が、かわいくてたまらない。

■ “奇跡の1枚”は、3兄弟と夫婦のチームプレイによって生まれる

「抜け毛の作品は妻のumatanが作り、僕が専属カメラマンとして3兄弟を撮影しています」とrojimanさん。ベストなタイミングを写真に収めるべく、いつも一眼レフは手の届くところに。頭の上にモノを乗せてじっとしているのは3兄弟の得意技であるが、帽子は繊細で変形しやすいため、一瞬のスキを狙っての撮影となる。rojiman家では、帽子かぶせ&ねこちゃんの目線誘導担当のumatanさんとのチームプレイによって、“奇跡の1枚”を生み出しているのだ。

また、帽子だけにとどまらず抜け毛オブジェも続々と制作しているという。ねこの抜け毛で作った招き猫と本物のねこで2ショットを撮ったり、白いマルちゃんを寿司のシャリに見立てて抜け毛で作った特大のエビのネタをのせたりと、くすりと笑ってしまうシュールな作品がいっぱい。rojimanさん一家による「抜け毛アート」の世界は、まだまだ広がりを見せくれそうだ。

■ rojimanさん渾身の新作が展覧会で展示!!

rojimanさんの新作が発表されるのが、ねこの合同写真展&物販展「ねこ休み展」だという。その作品こそが「抜け毛ロイヤルズトランプ」。抜け毛王国に住む貴族とその世界の住人達というコンセプトで、ねこちゃんたちが帽子をかぶった全54枚の写真で構成されている。王様になったり、魔法使いになったり、騎士になったり…3兄弟の演技力に「脱帽」する写真が満載だ。

「スマホの小さい画面では伝えきれない部分もあるので、会場の大きな写真パネルで実際に見てもらえるのが一番うれしいです!」とrojimanさんが話すように、展示パネルは実際のトランプと同じ比率のまま拡大しているので見応えたっぷり。もちろん、トランプは会場で販売される。

4月20日(土)〜5月6日(月・祝)に「ねこ休み展in静岡」、4月26日(金)〜5月12日(日)には「ねこ休み展in広島」が開催。rojimanさんの作品はもちろん、スターねこたちの春コレクションも解禁される。気になった方は、足を運んでみてはいかがだろうか。

■猫の合同写真展&物販展「ねこ休み展 in 静岡」 / 期間:2019年4月20日(土)〜5月6日(月・祝) / 会場:静岡パルコ / 住所:静岡県静岡市葵区紺屋町6-7 5階 特設会場 / 時間:10:00〜20:00 / 休み:なし / 料金:600円※3歳以下は入場無料

■猫の合同写真展&物販展「ねこ休み展 in 広島」 / 期間:2019年4月26日(金)〜5月12日(日) / 会場:広島パルコ / 住所:広島県広島市中区新天地2-1 新館5階 特設会場 / 時間:10:00〜20:30 / 休み:なし / 料金:600円※3歳以下は入場無料(東海ウォーカー・村田明音)