福岡県の糸島エリアにおでかけしたら、ランチを食べて、海沿いでのんびりして、それからおやつも食べたい。糸島でやりたいことは盛りだくさん!今回は、世界各国のカレーが糸島食材と出合った、絶品の一皿をピックアップ。奥深いスパイスワールドを堪能あれ。

■ カレー&ピタパン&スモークの3本柱!「LION KITCHEN ONE LOVE」

大工兼料理人の店主が家族で迎える。看板メニューは、肉を一切加えない、正真正銘のベジタブルカレー。ルーには地元野菜の旨味が溶け込み、ジワリと感じるスパイスの辛さがクセになる。

おすすめの「ベジタブルスパイスカレー」(780円)は、6段階の辛さを用意(2辛〜+50円)。「タンドリーチキン」(400円)など、6種のトッピングも。

[LION KITCHEN ONE LOVE]福岡県糸島市加布里1172-2 / 080-6427-7527 / 11:40〜21:00(※季節により変動あり) / 月曜、火曜休み(祝日の場合翌日) 

■ ナンも壺窯で焼く本格派「Ito MOMO Nepal Cafe」

2018年12月オープン。ネパール人シェフが手がける本格カレーが味わえる。約15種のスパイスを使ったルーから、辛さと旨味がジワジワと押し寄せる。全19種とメニューも豊富。

「バターチキンカレーセット」(950円)は、人気のランチセット。辛さが程よいルーに、タマネギや牛乳のまろやかさが溶け込む。焼きたてのチキンを入れ、旨味を重ねる。ラッシーなどのドリンク付き。

[Ito MOMO Nepal Cafe(イト モモ ネパール カフェ)]福岡県糸島市前原中央2-3-2 / 092-322-3903 / 11:00〜15:30、17:00〜22:00 / 月曜の夜休み 

■ ロケーションも自慢!「カレー&カフェ kokopeLLi」

オープンから11年、芥屋大門の近くにあるカレー専門店。長崎の護衛艦で食べた“海軍カレー”に感銘を受けて、試行錯誤を繰り返し完成させた父のレシピを、娘夫婦が受け継ぐ。

「糸島豚のひれカツカレー」(1100円)は、20種以上の野菜やスパイスで長時間煮込んで、コク深い味に仕上げたカレールー。その上には、やわらかな糸島豚のひれカツがのる。

「4種類のきのこたっぷりカレー」(900円)も人気があり、糸島野菜のサラダやドリンク、自家製デザートが付くセット(+650円)も。

[カレー&カフェ kokopeLLi]福岡県糸島市志摩芥屋703-5 / 092-328-1901 / 11:00〜日没(※売り切れ次第終了) / 木曜、金曜休み (九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)