東海地方の動物園や水族館には、2019年生まれた&来園したばかりの動物たちがたくさんいる。国の特別天然記念物や、コアラやホッキョクグマなどの人気アニマルが大集合!今回は、珍しい動物や赤ちゃんの様子を紹介する。

「いしかわ動物園」(石川県能美市)は、緑豊かな敷地内に自然の地形を生かして、動物本来の生息環境を再現した動物園。2019年3月に仲間入りしたのは、国の特別天然記念物のライチョウ。「ライチョウの峰」で、しばらくは11時から15時までのみ公開している。冬は羽が真っ白だが、4月には黒色に変化する。寒冷地で暮らす鳥ならではの、足に生えている羽毛にも注目だ。

■いしかわ動物園 / 住所:石川県能美市徳山町600 / 電話:0761-51-8500 / 時間:9:00〜17:00、11〜3月 〜16:30(入園は30分前) / 休み:火曜(祝日の場合は翌平日)、夏休み期間はなし / 料金:入園料 高校生以上830円ほか

「酪農王国オラッチェ」(静岡県函南町)は、動物に触れ合えるほか、乳製品や農場で採れた野菜を使う食事や買物も人気だ。2019年3月に誕生した双子のヤギ、あじお(オス)とさばみ(メス)は、いつも一緒に行動するほど仲良し!GWごろには、柵に登ったり飛び跳ねたり活発に動くようになりそうだ。

■酪農王国オラッチェ / 住所:静岡県田方郡函南町丹那349-1 / 電話:055-974-4192 / 時間:9:00〜17:30、10〜3月 〜17:00 / 休み:なし、レストラン 水曜 / 料金:入場無料

「東山動植物園」(名古屋市千種区)は、敷地面積、飼育動物数共に、全国有数の規模を誇る動植物園。コアラのホリーの仔(メス)は2018年7月に生まれた。13時からエサ替えをするため、その前後は活発に動き回る。ほかにも、2018年9月にオープンした、ニシゴリラのシャバーニなどが見られる新ゴリラ・チンパンジー舎も見所だ。

■東山動植物園 / 住所:愛知県名古屋市千種区東山元町3-70 / 電話:052-782-2111 / 時間:9:00〜16:50(入園 〜16:30) / 休み:月曜(祝日の場合は翌平日) / 料金:入園料 高校生以上500円

その他にも、シロサイやメンフクロウ、アビシニアコロブスなど様々な動物たちが、以下の施設に仲間入り。珍しい動物や赤ちゃんを見に出かけよう!

■まかいの牧場 / 住所:静岡県富士宮市内野1327-1 / 電話:0544-54-0342 / 時間:9:30〜17:30、11月21日〜3月20日 〜16:30 / 休み:12月1日〜3月20日の水曜、不定休 / 料金:入場料 中学生以上1000円、12月1日〜3月19日 700円ほか

■豊橋総合動植物公園 のんほいパーク / 住所:愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238 / 電話:0532-41-2185 / 時間:9:00〜16:30(入園 〜16:00)、5月3日(祝)〜5日(祝) 8:00〜16:30(入園 〜16:00)、17:30〜21:00 / 休み:月曜(祝日の場合は翌平日) / 料金:入園料 高校生以上600円ほか

■静岡市立 日本平動物園 / 住所:静岡県静岡市駿河区池田1767-6 / 電話:054-262-3251 / 時間:9:00〜16:30(入園 〜16:00) / 休み:月曜(祝日の場合は翌平日) / 料金:入園料 高校生以上610円ほか

■南知多ビーチランド / 住所:愛知県知多郡美浜町奥田428-1 / 電話:0569-87-2000 / 時間:9:30〜17:00、11月 〜16:30ほか / 休み:なし、12月〜2月の水曜 / 料金:入園料 高校生以上1800円ほか

■ひるがの高原 牧歌の里 / 住所:岐阜県郡上市高鷲町鷲見2756-2 / 電話:0575-73-2888 / 時間:10:00〜17:00、土日祝 9:00〜、7月21日(日)〜8月30日(金) 9:00〜18:00ほか / 休み:なし / 料金:入園料 大人1130円ほか

■鳥羽水族館 / 住所:三重県鳥羽市鳥羽3-3-6 / 電話:0599-25-2555 / 時間:9:00〜17:00(入館 〜16:00)、4月27日(土)〜5月5日(祝) 〜17:30(入館 〜16:30) / 休み:なし / 料金:入館料 高校生以上2500円ほか(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)