8月に福岡県内で開催される花火大会をピックアップして、開催日順にご紹介。1000発以下の大会も網羅!今年はどの花火大会に行く?

■ 第98回遠賀川川開き 飯塚納涼花火大会 / 8月1日(木)

福岡県飯塚市で開催される花火大会。オートレース場があることにちなんだ花火が打ち上げられる。人の乗ったバイクが走るさまをかたどった創作花火や、全長約400mのナイアガラなどの仕掛け花火が見どころだ。

[遠賀川川開き 飯塚納涼花火大会]約5000発(予定) / 20:00〜21:00(予定) / 福岡県飯塚市 遠賀川中之島 / 0948-22-1007(飯塚商工会議所) / 荒天時は8月6日(火)に延期 / 昨年の動員数 約10万人

■ 第一回 わっしょい百万大花火 / 8月2日(金)

北九州市最大級のイベント「わっしょい百万夏まつり」のフィナーレを飾る花火。音楽に合わせて花火が夜空を彩る。※周辺環境の変化により花火の高さは低くなります。

[第一回 わっしょい百万大花火]約1万発 / 19:20〜20:40(予定) / 北九州市小倉北区浅野3-9-33 ミクニワールドスタジアム北九州周辺 / 093-541-5472(わっしょい百万夏まつり振興会事務局) / 荒天時は中止 / 昨年の動員数 77万人

■ 大川市民夏まつり 第64回 大川花火大会 / 8月3日(土)

2019年で64回目を迎える、福岡県大川市の花火。筑後川下流域で有数の規模を誇る大会で、約1000発もの花火が打ち上げられる。会場付近に高い建造物がないため、360度どこからでも花火を楽しめるのが最大の魅力。ネコ家具フェスを17:00から開催。今話題のネコ家具や大川の特産品があたる抽選会を実施する。市内外の人気レストランによるグルメも味わえる。

[大川市民夏まつり 第64回 大川花火大会]約1000発(予定) / 20:00〜20:45(予定) / 福岡県大川市榎津137-1 国際医療福祉大学グラウンド / 0944-87-0923(大川観光協会) / 荒天時は未定 / 昨年の動員数 約5000人

■ そえだ花火大会 / 8月3日(土)

福岡県田川郡添田町の花火大会。英彦山の麓で、迫力ある約5000発の花火が添田町の夜空を彩る。ほかにも、会場には露店も立ち並ぶなど、夏の雰囲気を盛り上げる。

[そえだ花火大会]約5000発(予定) / 20:00〜20:45(予定) / 福岡県田川郡添田町庄933 そえだサン・スポーツランド / 0947-82-1236(添田町まちづくり課) / 荒天時は花火のみ8月4日(日)に順延 / 昨年の動員数 約4000人

■ 第67回 豊前市みなと祭り / 8月3日(土)

福岡県豊前市の県営宇島漁港周辺で行われるみなと祭り。打ち上げ場所は防波堤と近く、海面と夜空を埋めつくす花火を間近で見ることができる。また、昼間には船舶行進豊漁祭などのイベントも行われる。

[第67回 豊前市みなと祭り]約3000発 / 20:00〜21:00 / 福岡県豊前市宇島353-3 県営宇島漁港 / 0979-53ー6660(豊前市観光協会) / 荒天時は8月5日(月)に延期 / 昨年の動員数 約5000人

■ 第15回 福津市納涼花火大会 / 8月4日(日)

福岡県福津市の福間海岸で開催される花火大会。連発や尺玉が海上で打ち上げられるので、夜空に広がる花火と海面に映る花火が相まって、美しい景色が堪能できる。福間海岸の有料席からは、世界花火師競技会での優勝経験を誇る「ワキノアートファクトリー」によるファンタジックな音楽花火が堪能できる。

[第15回 福津市納涼花火大会]約5000発 / 20:00〜21:00 / 福岡県福津市西福間 福間海岸 / 0940-42-9988 (ふくつ観光協会) / 荒天時は8月5日(月)、または6日(火)に延期 / 昨年の動員数 約6万人

■ 第360回 筑後川花火大会 / 8月5日(月)

1650年(慶安3年)の水天宮落成祝賀を始まりとし、350年以上の歴史を持つ久留米市の花火大会。筑後川に映る迫力満点のナイアガラや尺玉など、1万8000発が打ち上げられるスケールの大きさは西日本屈指だ。京町会場と篠山会場の両会場の対岸より打ち上げられる。

[第360回 筑後川花火大会]約1万8000発 / 19:40〜21:10 / 福岡県久留米市瀬下町水天宮下、京町会場、久留米市久留米城跡下 篠山会場 / 0942-32-3207 (筑後川花火大会実行委員会事務局) / 荒天時は8月7日(水)に延期/ 昨年の動員数 約45万人

■ 花火ファンタジアFUKUOKA2019 / 8月7日(水)

福岡市のももち浜で2019年も花火エンタテインメントショーが開催される。最大の魅力は、三層構造から なる絢爛豪華な花火演出と音楽とのコラボレーション。光と 音楽が交わる感動的な瞬間は、花火鑑賞に最適な「有料ゾーン」 でしか体験できない。全長約1.5キロの圧倒的スケールで繰り 広げられる光と音の共演が楽しめる。

[花火ファンタジアFUKUOKA2019]約1万2000発 / 19:30〜21:00 / 福岡市早良区百道浜2、4地先 シーサイドももち海浜公園 / 092-844-7033 (花火ファンタジアFUKUOKA事務局) / 荒天時は8月8日(木)に延期 / 昨年の動員数 約2万4000人

■ 夢HANABI 2019 / 8月10日(土)

約8000発の花火が宝満川河川敷の上空を明るく照らす、福岡県小郡市の花火大会。なかでも、1000連発のスターマインと幅200mのナイアガラが必見だ。

[夢HANABI 2019]約8000発 / 19:45〜21:00 / 福岡県小郡市大久保 小郡運動公園前 宝満川河川敷 / 0942-72-8137(みい青年会議所) / 荒天時は8月11日(祝)または12日(祝)に延期 / 昨年の動員数 約5万人

■ 2019おおむた海上花火大会 / 8月11日(祝)

帝京大学福岡キャンパス駐車場がメイン会場となる、福岡県大牟田市の花火大会。約8000発の花火が大牟田の夜空と有明海を彩る。会場には約70軒もの屋台が並び、打ち上げられる花火を眺めながら、夜店グルメも楽しめる。

[2019おおむた海上花火大会]約8000発 / 20:00〜20:30 / 福岡県大牟田市岬町 帝京大学福岡キャンパス駐車場ほか / 0944-41-2750 (おおむた「大蛇山」まつり振興会事務局) / 荒天時は8月12日(祝)に順延 / 昨年の動員数 約3万人

■ 関門海峡花火大会 / 8月13日(火)

2019年で32回目を迎える関門海峡花火大会。海峡をはさむ福岡県北九州市の門司と山口県の下関、両岸で合同開催される。門司側は大玉の連発、音楽花火、下関側は尺5寸の大玉打ち上げ、水中花火などが見どころ。両岸から競うように花火が次々と打ち上げられる様子が見もの。

[関門海峡花火大会]約1万5000発 / 19:50〜21:40 /北九州市門司区西海岸周辺、山口県下関市あるかぽーと下関周辺 / 093-331-8781(関門海峡花火大会実行委員会門司)、083-223-2001(下関21世紀協会) / 小雨決行、荒天中止 / 昨年の動員数 約95万人

■ 星降る花火ファンタジー / 8月17日(土)、18日(日)、24日(土)

福岡県北九州市にある到津の森公園で打ち上げられる花火。音楽と花火のコラボレーションが魅力だ。「ITOZU YORU ZOO〜夜の動物園〜」も同時開催。通常17:00閉園を21:00まで延長し、ライトアップされた木々、夜にしか見られない動物たちの姿を見ることができる。花火と合わせて、夏の夜を満喫できる。

[星降る花火ファンタジー]発数非公開 / 20:30〜20:45 / 北九州市小倉北区上到津4-1-8 到津の森公園 / 093-651-1895 (到津の森公園) / 荒天時は中止 / 昨年の動員数 延べ約1万1000人

■ みやこ町夏まつり / 8月17日(土)

福岡県京都郡みやこ町の風物詩となっている花火大会。華やかなステージイベントが行われるほか、出店も多数登場する。クライマックスを飾る、約1000発の花火が祭りをさらに盛り上げる。

[みやこ町夏まつり]約1000発 / 20:00〜20:20 / 福岡県京都郡みやこ町勝山黒田86-1 総合文化センター「サン・グレートみやこ」周辺 / 0930-32-2512(みやこ町観光まちづくり課) / 荒天時は8月18日(日)に順延 / 昨年の動員数 約5000人

■ 第47回 祭りなかがわ / 8月24日(土)

2019年で47回目を迎える、福岡県那珂川市の祭りで、仕掛け花火など色とりどりの花火が打ち上げられる。また、祭りではステージイベントも行われ、会場をさらに盛り上げる。

[第47回 祭りなかがわ]約4000発(予定) / 20:20〜 / 福岡県那珂川市上梶原 梶原運動公園 / 092-952-1456 (祭りなかがわ事務局) / 荒天時は8月25日(日)に順延 / 昨年の動員数 約5万人

■ 第70回 甘木川花火大会 / 8月24日(土)

早打ちや仕掛け花火などが堪能できる福岡県朝倉市の大会。提灯でライトアップされた小石原川の甘木橋なども見ものだ。花火が打ち上げられた直後には、「流灌頂(ながれかんじょう)」という慰霊祭が開催され、甘木川に60〜70の灯ろうが流される。また、会場周辺には100ほどの露店が出される。

[第70回 甘木川花火大会]約4000発(予定) / 19:40〜21:00(予定) / 福岡県朝倉市 小石原川甘木橋下流 / 0946-22-3835 (朝倉商工会議所) / 荒天時は8月25日(日)または28日(水)に順延(予定) / 昨年の動員数 約2万人

■ 第35回 遠賀町夏まつり / 8月24日(土)予定

2019年で35回目となる福岡県遠賀郡遠賀町の大会。最大の花火玉は7号玉で、夜空に大きく映える。祭りの中で行われる千人総踊りは、一般の参加客も飛び入り参加OK。音楽に合わせて多数の町民が踊る姿が、観客を魅了する。

[第35回 遠賀町夏まつり]約3000発 / 20:00〜20:40 / 福岡県遠賀郡遠賀町広瀬23-6 遠賀総合運動公園 / 093-293-8233 (遠賀町まちづくり課産業振興係 駅前サービスセンター) / 荒天時は中止 / 昨年の動員数 約1万2000人

■ 福智町水と灯火の夕べ / 8月24日(土)予定

福岡県田川郡福智町で行われる、打ち上げ数800発の花火大会。最大3号玉やスターマインなどが観賞できる。彦山川と中元寺川の合流地点の河川敷はシンボルゾーンとなっており、やぐらが組まれ、それを中心に盆踊りなどが行われる。

[福智町水と灯火(ともしび)の夕べ]約800発 / 20:30〜21:00 / 福岡県田川郡福智町 彦山川と中元寺川の合流地点 / 0947-22-0555 (福智町役場総務課) / 荒天時は中止 / 昨年の動員数 約1000人

■ 2019 行橋夏まつり「こすもっぺ」花火大会 / 8月31日(土)

福岡県行橋市の花火大会は、市の中心を流れる今川を舞台に開催される。幅200mのナイアガラや連続花火、仕掛け花火などテンポのよい演出が魅力。河川敷から花火を間近に見ることができるので、迫力満点だ。市内の各ステージではイベントも開催される予定。

[2019 行橋夏まつり「こすもっぺ」花火大会]約2500発 / 20:00〜20:30 / 福岡県行橋市中央 今川河畔(行橋市役所横) / 0930-25-9733 (行橋市商業観光課) / 荒天時は中止 / 昨年の動員数 約2万5000人(九州ウォーカー・高島愛)