富山県高岡市中心市街地一帯で9月21日(土)から23日(月)の3日間、「高岡クラフト市場街」が開催される。

「高岡クラフト市場街」は、富山県高岡市の中心市街地で開催するクラフト統合イベント。山町筋にある山町ヴァレーを拠点に、クラフト作品の販売やワークショップなど、多彩なイベントが催される。見る、買う、体験する、食べるを通して、高岡市の魅力が楽しめる。

9月21日(土)・22日(日)は、山町筋が歩行者天国になり「たかおか軒下マルシェ」や「銅物の放し飼い」などの催しが実施されるほか、22日(日)の夜は音楽フェス「市場街ナイト」が会場を盛り上げる。さらに、高岡の職人がマスターになる「職人バー」も登場。9月21日(土)から23日(祝)までは全国の作り手の作品を展示する「工芸都市高岡2019クラフト展」、9月21日(土)・22日(日)には金屋町の魅力を体験できる「ミラレ金屋町」が同時開催される。

担当者は「『たかおか軒下マルシェ』は山町筋を会場として、土蔵づくりの商家や民家の軒下などをお借りして地場の農作物や飲食物、手仕事のクラフトを販売します。山町ヴァレーほかでは『作家のひきだし展』を開催。工芸都市高岡クラフトコンペティションの入選入賞作家さんによる作品を集めて展示販売します」とより詳しいイベント内容を教えてくれた。

高岡市の魅力が凝縮された「高岡クラフト市場街」。訪れるだけで楽しい気持ちになれるので、会期中はぜひ高岡市を訪れよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)