名古屋には、長年に渡り愛されている名店が数多くある。そこで今回は、グルメライターやグルメ雑誌編集者など、食に精通したグルメ人たちが厳選した、名古屋の“後世に残したいグルメ”を3つ紹介する。

■ モクモクと立ち上る煙に誘われて、つい寄り道

創業70年を迎えた焼鳥店「角屋」(名古屋市中区)。戦前から戦後にかけて大須や上前津界隈でにぎわいを見せた当時の雰囲気をそのままに、ファン層を拡大し続けている人気店だ。

とん、きもなど1本110円からの串物は10種類。タレと塩ともに対応可能だが、甘めのタレで焼くものが多いという。串物は2本からの注文で、1本から注文できるのは名古屋名物「手羽先」(330円)のみ。

■角屋 / 住所:愛知県名古屋市中区大須2-32-15 / 電話:052-221-9774 / 電話:17:00〜21:30、日祝 16:00〜21:00 / 休み:月曜

■ 飛騨牛の甘味を引き立てる秘伝のタレにファン多数!

名古屋市西区にある「焼肉 衆寶(しゅうほう)」は、いつも地元の人や常連客でにぎわっている。飛騨牛認定店であり、店主が経験から飛騨牛の生産者を見極めて、上質な肉を仕入れている。とろけるような肉質に加え、さっぱりとした秘伝のタレも人気の理由だ。

メニューは「ロース」(1人前 1069円)や「マル腸」(572円)など、どれも1000円前後でリーズナブル。ロースとカルビはタレか塩を選べるが、タレを注文して卵黄(108円)を絡ませると、これまた旨いという。

■焼肉 衆寶 / 住所:愛知県名古屋市西区比良3-153 / 電話:052-501-1736 / 時間:18:00〜23:00(LO 22:15)、土日祝 17:00〜 / 休み:月曜、火曜(祝日の場合翌日)

■ 気温と共に人気も上がる、さっぱりとした冷たい麺

「川井屋」(名古屋市東区)は、1921年に創業し、55年前に現在の場所へ移転した。民芸調の落ち着いたデザインとゆとりのある客席は、常連にも観光客にも好評だという。

この店の自慢は、季節や気温に合わせて生地の塩分濃度を調整する、手打ちの自家製麺。人気メニューは大きなエビをトッピングした「えびおろしきしめん」(1400円)で、きしめんには珍しい、厚みのあるモチモチした食感の麺が特徴だ。

■川井屋 / 住所:愛知県名古屋市東区飯田町31 / 電話:052-931-0474 / 時間:11:00〜14:00、17:00〜19:20 / 休み:日曜、祝日 (東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)