五穀豊穣を祝い、また無病息災を願う祭事として行われる「袋井秋まつり」が10月11日(金)〜13日(日)の3日間、静岡県袋井市の各地で盛大に開催される。

「袋井秋まつり」は袋井市各地で行われる秋祭りの総称で、同市中心部の各町が参加して行われる。今年は「袋井まつり」「袋井北祭り」が同日に開催。各町がそれぞれ屋台を繰り出して練りや曳き廻しが行われる。

「袋井まつり」では11日(金)、12日(土)に、静橋を中心に勇ましい屋台の手木合わせが行われ、見ごたえたっぷり。13日(日)の夜には、中央町でお菓子投げ、駅前8町では打ち上げ式が行われる。

「袋井北祭り」では12日(土)に、信州街道:久能交差点〜永楽町交差点の間に16車連合すべての屋台が集結。豪華絢爛で迫力満点の屋台曳き廻しが行われる。

また、13日(日)には梅山八幡神社で、小学生が馬に乗る「稚児流鏑馬」が行われる。手綱を引かれた馬に乗った稚児が、華やかな流鏑馬衣装を身にまとい馬上から矢を放つ、全国的にも珍しい催しだ。

ほかにもお供えのオコワをおひつごと奪い合う「おひつ投げ」なども行われ、袋井市は3日間祭り一色に染まる。豪華な屋台が巡行する「袋井秋まつり」に出かけて、お囃子に威勢の良いかけ声が響くお祭りを堪能しよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)