10月も近づき、日本各地で秋の便りが届き始めた。日本の秋の風物詩といえば紅葉。神奈川県内にはさまざまな紅葉スポットがあり、なかには温泉に浸かりながらゆったりと鑑賞できる場所も。今回は、神奈川県内で温泉と紅葉を一度に楽しめるおすすめのスポットを3か所ご紹介。<※情報は秋Walker首都圏版2019(8月8日発売)より>

■ モダン湯治 おんりーゆー/紅葉見ごろ:11月上旬〜12月上旬

森林浴気分で長湯できる緑に包まれた好立地。風呂は免疫効果を高めるとされる38度の森林露天風呂で、体に優しい「ぬる湯」だ。体の芯から温まり、デトックス効果を期待できることから人気を集めている。自然の中の露天風呂は、広葉樹林に囲まれ、湯舟につかりながら紅葉を満喫することができる。旬の素材がそろうレストラン悠瑠璃(ゆるり)のヘルシーバイキング、森林浴やヨガなどの有料体験教室も人気だ。

■住所:神奈川県南足柄市広町1520-1 時間:10:00〜21:30 休み:不定期 料金:入浴料大人1944円、露天風呂付貸切個室3240円/60分

■ かくれ湯の里 信玄館/紅葉見ごろ:11月中旬〜下旬

武田信玄の隠し湯として知られる中川温泉の宿。大浴場「夢幻の湯」と露天風呂から丹沢の紅葉を楽しめるほか、せせらぎを聞ける露天岩風呂も用意している。大浴場では日帰り入浴も可能だが、男女浴室は日替りで入れ替えるため、できればどちらも楽しみたいところ。

■住所:神奈川県足柄上郡山北町中川577-6 時間:日帰り入浴11:30〜18:00、土日祝〜17:00 休み:不定 料金:日帰り入浴料大人1000円(最大3時間まで)

■ ゆとろ嵯峨沢の湯/紅葉見ごろ:11月中旬〜12月上旬

相模湾を一望する高台の温泉施設。「ささはなの湯」と「こちょうの湯」の2つを男女日替り交代で使用。すべての湯舟に良質な自家源泉を配湯する。バスタオルと浴衣などがセットになったプラン( 男性1900円、女性2100円)もあるので、気軽に訪れよう。

■住所:神奈川県足柄下郡湯河原町吉浜1191 時間:10:00〜21:00(最終受付20:30) 休み:木曜(祝日の場合は営業) 料金:日帰り入浴料大人1350円

肌寒い季節になってくれば、温かいお湯に浸かりたくなるもの。心地よい名湯に身も心も預けながら、紅葉が織りなす秋の美しい景色を堪能しよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)