福島県福島市のパセオ470および周辺、福島駅東口駅前広場で2020年1月31日(金)まで、「光のしずくイルミネーション」が開催されている。

2007年より“市民みんなで創造する福島市の冬の風物詩”として開催されているイルミネーション。JR福島駅東口の駅前広場をはじめ、パセオ470やその周辺がライトアップされ、LED電飾約20万球で彩られた樹木が「光のしずく」のように輝き、幻想的な光景を作り出す。見どころは、パセオ通り中央にあるパセナカミッセ付近に大型のハートオブジェだ。

担当者は「鮮やかなホワイトやブルーの光が樹木を灯し、まさに『光のしずく』のような美しい光景を織りなします。この季節にしか見られない幻想的なその姿を、ご家族やお友達、恋人など、大切な人とぜひご覧ください」と来場を呼びかける。

まばゆい光が街を照らす「光のしずくイルミネーション」。クリスマスムードたっぷりな場所なので、ぜひカップルで訪れよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)