福岡市内でおすすめの焼鳥店を厳選。噛むほどにあふれ出す、肉の旨味を串焼きで堪能しよう。

■ 鳥いち / 中央区警固

福岡の有名店で研鑽した店主が営む。焼鳥は備長炭で焼き、一本ずつ供する関東スタイル。繊細な火入れを施す内臓類から、ネギにムネ身を巻く「葱巻き」、つなぎを使わず鶏100%で作る「団子」など、職人の技が光る。丸鶏のガラでとる「鶏スープ(素麺入り)」(432円)などの締めも絶品だ。「焼とり」は、5串(写真・1512円)か、7串(2160円)でおすすめの部位が登場。

[鳥いち] 福岡県福岡市中央区警固2-15-23 / 092-712-0020 / 18:00〜24:00(LO23:00) / 日曜、祝日休み

■ 藤よし / 中央区西中洲

1961年創業の焼鳥の老舗。現在は、大阪で和食の経験も積んだ2代目店主が切り盛りする。鶏は、柔らかな鹿児島の「桜島どり」を厳選し、ネタはどれも大ぶりで食べ応え満点。「牛バラ」(324円)や豚の白モツ「べんてん」(216円)、柔らかく炊いた牛タンのつけね「おくたん」(540円)など、鶏以外の名物串もハズせない。

[藤よし] 福岡県福岡市中央区西中洲9-6 / 092-761-5692 / 16:00〜23:00(LO22:30) / 日曜休み(月曜が祝日の場合月曜)

■ 焼とり 熟成魚 木崎 / 南区高宮

豚や牛の串は置かず、鶏のみで勝負する関東風の焼鳥が看板。宮崎県で朝締めされたハーブ鶏を丸鶏で仕入れ、店でさばくため鮮度に自信あり。ブレンド塩や5種類のタレを使い分け、素材の旨味や香りを引き出す。全国の旬の銘酒(1杯432円〜)も充実。「焼きとり おまかせ」は5種類1296円、8種類1944円、追加1本につき270円。

[焼とり 熟成魚 木崎(きざき)] 福岡県福岡市南区高宮3-10-3-1 / 092-981-1959 / 18:00〜24:00(最終入店23:00) / 日曜休み

【料金の表記について】当記事に掲載している価格は、2019年9月時点の消費税8%込みのものです。消費税率の改定や店舗などの都合により、各種料金が変更されている場合があります。(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)