福岡で今、話題のニューオープンの店をご紹介。2019年12月までにオープンした、ごはんやから串焼き店まで、気になるお店を要チェック!

■ 季節に合わせて献立を工夫。旬野菜たっぷりの真心ご飯「ごはんや とんちゃん」

アパートの一室で営む、和洋折衷さまざまな料理と弁当の店。旬素材を使う総菜を用意する。九州産を中心とした食材や有機農法の古代米、きび砂糖など体に優しい素材を選び、ドレッシングも手作り。日替り定食(800円・税込)やカレーのほか、挽きたてドリップのスペシャルティコーヒーとフレンチトーストもオススメ。

[ごはんや とんちゃん]福岡市中央区桜坂1-13-12 青谷荘2F / 050-3390-3263 / 11:00〜18:00 / 火曜休み、不定休 ※公式HPで告知

■ 海外の雰囲気漂うダイナーでグルメバーガーにかぶりつく「Leonard」

ホテル1階に誕生したカフェダイナー。メープルマフィンや明太子バタートーストといった朝食セット(1000円)から、ステーキフリットなどのアメリカンディッシュ、スイーツやカクテルまで多彩にそろう。自慢は、バンズやパティを鉄板で焼くグルメバーガー。牛100%で作る肉々しいパティがクセになる。テイクアウトOK!

[Leonard(レオナルド)]福岡市博多区博多駅東2-9-29 CENTURION HOTEL CEN FUKUOKA HAKATA 1F / 092-409-7090 / 7:00〜10:00(LO9:30)、11:00〜17:00(LO16:30)、17:00〜23:00(LO22:00)、ドリンク&スイーツ7:00〜23:00(LO22:30) / 無休

■ ドーナツやグッズに目移り。おいしくってかわいい、噂の店「ON SUGAR」

平尾「NO COFFEE」によるベイクスタンドが登場。天然酵母の生地をオーガニック油で揚げる4種類のマラサダドーナツ(320円〜)を主役に、スコーンやシナモンロールなどの焼き菓子が勢ぞろい。エスプレッソ系コーヒーに加え、福岡初登場の「Brew Tea Co.」の茶葉を使う紅茶も。テイクアウトもでき、差し入れにも喜ばれそう。

[ON SUGAR(オン シュガー)]福岡市中央区薬院1-10-17 弥永ビル1F / 092-707-3757 / 11:00〜18:00 / 月曜休み

■ 肉の旨味があふれ出す、九州の素材を生かす串焼き「熾火のイオ」

朝倉市「柿之屋」の柿で育つ「柿豚」をはじめとする、うきは市「リバーワイルド」の豚と、熊本から届く朝引き若鶏を厳選。土佐備長炭で一気に焼き、肉汁と旨味を封じ込める。対馬産金穴子の白焼きなどの一品や鹿児島の「CRAFT GIN 尽」といった九州の酒蔵が造るクラフトスピリッツのハイボール(650円〜)も共に楽しみたい。

[熾火(おきび)のイオ]福岡市中央区舞鶴3-2-13 ドラード舞鶴1F / 092-406-6319 / 18:00〜24:00(LO23:30) / 日曜休み(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)