長い歴史を紡いできた長野県須坂市。そこで古くから大切に守られ伝えられてきた雛人形を、町屋や博物館、美術館といった80カ所で約8000体を観覧することができる「第19回 信州須坂『わくわく』おひなめぐり」が、3月1日(日)から4月5日(日)まで開催される。

期間中は、笠鉾会館ドリームホールで「十四段の雛飾り」、信州須坂蔵の町のきもの店「綿幸」で「つるし雛や歴史ある雛人形」、須坂アートパークで「三十段千体の雛人形」など、市内各地に様々な歴史ある雛人形が展示される。

また、おひなめぐりに参加しているお店でマップを入手し、6カ所のスタンプを集めると須坂の特産品などがもらえる「雛めぐりスタンプラリー」も実施される。

さらに、3月15日(日)には笠鉾会館ドリームホールで、プロの着付とヘアアレンジで思い出の着物や大切な着物を楽しむ「着物でファッションショー」が開催され、3月29日(日)には芝宮神社境内で思い出の雛人形を供養する「ひな供養」も行われる。

歴史ある信州須坂の町並みを楽しみながら、貴重な雛人形をたっぷり鑑賞できる「第19回・信州須坂『わくわく』おひなめぐり」にでかけよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)