埼玉の人気ラーメン店が「ラーメンWalker埼玉2020」の読者のために、2020年10月までラリー形式で限定ラーメンを作る「限定麺ラリー」。『とにかく映える』『これまで作ったことがないオリジナル』『本誌持参の人のみ注文可』の条件を満たすメニューを考案する。第4弾は、「UNDERGROUND RAMEN(アンダーグラウンド ラーメン)」による、担々麺、豚骨魚介、エスニックが一度に味わえるラーメン。提供は3月14日(土)〜15日(日)、9月12日(土)〜13日(日)のみとなっているので、「ラーメンWalker埼玉2020」を持って店へ急いで。<※情報はラーメンWalker埼玉2020より>

「UNDERGROUND RAMEN」(本川越)は、1764年創業の「松本醤油商店」の敷地内に開店した「頑者」系列店。丸鶏や鶏ガラ、魚介で取った淡麗スープが特徴で、他の系列店にはない中華そばを楽しめる。醤油ダレに天然醸造二年再仕込みのはつかり醤油を使う、こだわりの一杯だ。

人気は「ワンタン中華そば」(1000円)。コシのある中細麺と淡麗スープが絶妙な味わい。山形平田牧場の金華豚を練ったあんを、北海道産小麦粉「きたほなみ」で作った自家製皮で包んだワンタンは、なめらかな食感だ。

そんな同店が考案したメニューは、「エスニック担々あえつけ麺」(1100円/各日15杯限定)。麺には担々ダレと挽き肉がのり、まずはあえそばで。途中で担々つけ麺、最後はパクチーとレモンでエスニック風味にと、3段階の味の変化を楽しめる。

店長の松本諒介さんは「当店自慢の味を交え、2度の”味変”を楽しんでください」と話す。提供日は3月14日(土)〜15日(日)、9月12日(土)〜13日(日)のみなので、この機会にぜひ特別な一杯を味わって。

<UNDERGROUND RAMEN:住所:川越市仲町10-13 / 時間:11:00〜15:00、17:30〜21:00、土日・祝日11:00〜20:00(各LO)※材料がなくなり次第終了 / 休み:水曜(祝日の場合は営業)>

限定麺ラリーは2020年10月まで開催。食べる際に各店からもらったシールを台誌に貼り、5店舗すべてのシールをコンプリートすると、抽選で50人にラーメンWalkerプレミアムレンゲが当たるプレゼントキャンペーンに応募可能だ。ラーメン好きにはたまらない本企画にふるって参加しよう。詳細は発売中の「ラーメンWalker埼玉2020」をチェック!

※今回の限定麺を食べるには「ラーメンWalker埼玉2020」の持参が必要(1人1冊、電子版不可)。開催時当日まで店主がブラッシュアップを重ねるため、メニューの内容、金額、食べられる杯数(売切れ次第終了)が変更になる可能性あり。

※表記価格は消費税8%時の税込価格となります。2020年2月現在、消費税率が10%に変更され、税込価格が変更となっておりますのでご注意ください。

※掲載されている情報は、2019年9月19日時点のものです。紹介店舗の価格や内容、データなどの変更のほか、季節により掲載商品の取り扱いがない場合がありますのでご注意ください。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)