本場の横浜から発信された横浜家系ラーメンは、今や全国に広がり勢力を拡大中。そんな中で、栃木県内にも有望な新店が誕生している。おしゃれで女性や家族連れでも訪れやすい3つの店を紹介!<※情報はラーメンWalker栃木2020より>

■「横浜家系ラーメン 元喜家(げんきや) 宇都宮店」(宇都宮市東簗瀬) / 2018年12月オープン

富山県をはじめ、北陸地方を中心に展開する横浜家系ラーメン店が宇都宮に進出。いわゆる正統派だが、スープは豚の旨味をはっきりと感じさせながらも、全体的には上品に仕上げ、バランスを重視した味わい。女性一人でも気軽に入れるような店作りを意識しており、外観、内装ともにおしゃれな雰囲気。横浜家系ビギナーにもおすすめだ。

おすすめは「横浜らーめん(並)」(720円)。豚骨の旨味をいかしつつ、粘度が軽目のスープが程よい。低加水の麺は歯応えがあり、スープによく絡む。具材は横浜家系の代名詞のホウレン草、チャーシュー、海苔と王道だ。

責任者の森下英樹さんは「横浜家系のハードルを低くして、インテリアやBGMまで意識。旨味と深みを感じつつ、飲み口のいいスープが自慢です。一人で来店される女性の方も多いです」と魅力を話す。

<住所:宇都宮市東簗瀬1-5-6-36 / 時間:11:00〜21:00(LO) / 休み:なし>

■「横浜らーめん田村家 足利店」(足利市問屋町) / 2019年5月オープン

群馬県館林に本店を構える「田村家」が足利市に進出。本店の店主・田村幸太さんは、横浜家系の名店「六角家」で修業し独立。スープは、冷凍食材は一切使わず、国産豚100パーセントの濃厚な味わいが自慢。また足利店限定の昔ながらの「中華そば(並)」(720円)は、ショウガが効いたあっさりベースで、子供から年配の方までの食べやすさを意識した一品だ。

おすすめは「味玉らーめん」(830円)。国産豚100パーセントで、主にゲンコツと背ガラをつぎ足し、18時間近く煮込んで完成する濃厚スープが魅力。味玉に加え、厚目の豚肩ロース、海苔3枚など具もたっぷりだ。

店長の田村さんは、「館林本店の味を目指して毎日、丁寧にスープを仕込んでいます。フレッシュな素材を使うのと、しっかりと豚肉を処理するので、臭みもなくマイルドです」と話す。

<住所:足利市問屋町1753-5 / 時間:11:00〜15:00、17:00〜22:30、金土・祝前日17:00〜23:00 / 休み:火曜>

横浜家系ラーメン未体験の人も、ファンの人も必見の店が続々と出店!ぜひここで紹介した店の中からお気に入りを見つけてみて。

※価格はすべて税込み

※新型コロナウイルス(COVID−19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。