おでかけや観光を楽しみたいけれど、3密はなるべく避けたい、という人も多いのではないだろうか。今回は、屋外で密集を避けながら、美しい景色を楽しむことができる場所を厳選して紹介。雄大な自然が作り出す圧巻の景色に、きっと癒されるはず!

■渓流沿いを滝や急流を見ながら散策!「奥入瀬渓流(青森県十和田市)」

十和田湖畔の子ノ口から焼山まで、約14キロにわたって続く渓流。大小いくつもの滝と複雑な流れが形成する奇岩怪石の景観が随所で楽しめる。渓流沿いには散策路が整備されており、広葉樹の森で森林浴を楽しみつつ、ゆっくり歩くのがおすすめ。子ノ口、石ヶ戸などにはレンタサイクルもあり、阿修羅の流れ、銚子大滝などの渓流の名所を気軽に巡ることができる。

住所:青森県十和田市大字奥瀬石ヶ戸/アクセス:【電車】JR八戸駅からJRバス東北で約100分 石ヶ戸下車すぐ 【車】青森自動車道青森中央ICから約50km

■大自然の驚異と太古の神秘を体感する!「龍泉洞(岩手県下閉伊郡)」

日本三大鍾乳洞に数えられる龍泉洞。すでに知られているだけでも4088メートル以上もあり、その全容は5000メートル以上に達すると推定される。洞内には、世界有数の透明度を誇る深い地底湖が形成され、大自然の息吹を感じさせる青く透きとおったブルーの湖水は、無数の鍾乳石とともに、来訪者を幻想的な世界へ誘う。また、龍泉洞入口の向かい側にある龍泉新洞は、洞内から発見された多数の土器や、石器などの貴重な資料、標本を展示した自然洞穴科学館として公開されている。

住所:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1/アクセス:東北自動車道盛岡南ICから約120分

■標高2000メートルから見渡す大パノラマ!「高峰高原(長野県小諸市)」

日本百名山のひとつで、国内有数の活火山である浅間山の西の麓から続く標高2000メートルにある高原。車坂峠を中心とした比較的なだらかな地形で、春から秋はハイキングや高山植物を楽しむフラワートレッキングが、冬はスキーやスノーボードなどウィンタースポーツが盛んに行われる。車坂峠からは千曲川、遠くに富士山、八ヶ岳、北アルプスなどを一望できる。湯の丸・高峰自然休養林に属しているため、春の芽吹きの時期や秋の紅葉シーズンは鮮やかな眺めを堪能できる。空気が澄み、周辺に明かりが少ないため、鮮明な星空を満喫できる。運がよければ雲海とのコラボも楽しめる。

住所:長野県小諸市高峰高原/アクセス:【電車】JR・しなの鉄道小諸駅からバスおよび車で約40分 【車】上信越自動車道小諸ICから約30分

■巨大ダムから吹き出す大迫力の観光放水!「黒部ダム(富山県中新川郡)」

北アルプス立山連峰の奥にそびえる日本最大のアーチ式ドーム越流型ダム。高さ186メートル、堤長492メートル、総貯水量は約2億立方メートルにもなる。最大の見どころは、6月26日から10月15日まで、毎秒10トン以上の水が吹き出す観光放水だ。午前中に日が差せば放水に虹が架かり、河床から舞い上がる風で水しぶきがえん堤まで届くことも。1963年の完成に至るまでの建設には延べ1000万人を動員し、7年の歳月がかかった。なかでも知られているのは、破砕帯との格闘で、石原裕次郎主演映画『黒部の太陽』でも描かれている。また、施設内には写真撮影スポットが点在しており、ダムのほかにも立山連峰を一望できる。

住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺/アクセス:【電車】JR信濃大町駅から立山黒部アルペンルート路線バス扇沢駅下車、関電トンネル電気バスに乗り換え黒部ダム駅すぐ【車】長野自動車道安曇野ICから約70分

■四季折々の風情漂う絶景吊り橋!「夢のつり橋(静岡県榛原郡)」

大間ダムがつくり出したコバルトブルーのチンダル湖に架かる吊り橋。長さ90メートル、高さ8メートル。足元は2枚板で、板の左右は下が見える造りなのでスリル満点だ。また、豊かな自然に囲まれた寸又峡に架かっているため、夏にはいきいきとした緑が、秋には美しい紅葉が楽しめるのも魅力だ。

住所:静岡県榛原郡川根本町千頭寸又峡温泉/アクセス:【電車】大井川鐵道千頭駅から寸又峡線路線バスで約40分【車】東名高速道路静岡ICから約90分

■カラフルな水の造形と歴史を伝えるレンガ建築!「諏訪公園(三重県四日市市)」

三重県を代表する街、四日市の公園。繁華街に位置するが、開放感は抜群。タイルと芝生が敷かれた園内中央部には噴水が整備されている。かつて図書館として使われていた公園北側にあるすわ公園交流館がライトアップされる他、園内各所が明かりに包まれる。

住所:三重県四日市市諏訪栄町22-25/アクセス:【電車】近畿日本鉄道近鉄四日市駅から徒歩5分

■奈良の自然と歴史を満喫!「奈良奥山ドライブウェイ(奈良県奈良市)」

若草山山頂までの「新若草山コース」、原始林を抜ける「奈良奥山コース」、石仏ファンに人気の「高円山(たかまどやま)コース」と3つの魅力を持つドライブウェイ。自然豊かな沿道には滝や展望スポットなど見どころも多く、のんびり時間をかけてドライブを楽しめる。

住所:奈良県奈良市中心部/アクセス:【電車】JR奈良駅から車で約8分

■彩り豊かな花々が咲き誇る!「火の山公園(山口県下関市)」

山頂に整備された公園は関門海峡や関門橋、北九州の山並みまでが一望できる絶景スポットになっている。山麓には花々が植えられ、関門海峡との鮮やかなコントラストを演出している。また山頂まではパークウェイ(通行無料)があり車でも行くことができる。

住所:山口県下関市みもすそ川町/アクセス:【電車】JR下関駅からサンデン交通バス火の山国民宿舎行きで約15分 火の山ロープウエイ下車徒歩1分 【車】中国自動車道下関ICから約15分 ※山頂部への乗り入れは火の山パークウェイを利用、11〜2月は通行8:00〜21:00(ゲート閉鎖22:30)、3〜10月は通行8:00〜22:00(ゲート閉鎖23:30)

■流れ落ちる圧巻の滝!「見帰りの滝(佐賀県唐津市)」

日本の滝百選に選定された景勝地。轟音とともに流れ落ちる滝が観光客を魅了する。渓谷沿いには遊歩道が整備されており、片道約15分の散策を楽しめるほか、川沿いには食事処も点在しており、川魚を堪能できる。

住所:佐賀県唐津市相知町伊岐佐/アクセス:【電車】JR相知駅からタクシーで約5分 【車】佐賀唐津道路相知長部田ICから約10分

■眼下に海とリアス海岸のパノラマが広がる絶景ポイント!「亀ヶ丘(鹿児島県南さつま市)」

標高387メートルの山頂にある奇岩が、亀の形に見えることから亀ヶ丘の名がついた景勝地。尾根伝いに3カ所の展望所があり、眼下に広大な大浦干拓や、日本三大砂丘のひとつである吹上浜、唐の高僧である鑑真大和上が日本初上陸した坊津のリアス海岸といったパノラマが見られ、さらに薩摩半島にそびえる金峰山をはじめ、天気の良い日は磯間嶽の向こうに開聞岳まで壮大な景色が眺められる。山頂までのハイキングコースでは、放牧された黒牛がのんびり草を食むのどかな牧野の風景が楽しめるほか、パラグライダーの発進基地があり、愛好者に人気のスポットとなっている。

住所:鹿児島県南さつま市大浦町亀ヶ丘/アクセス:【電車】JR鹿児島中央駅からタクシーで約90分 【車】鹿児島空港から約110分

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。