1月22日(金)の「カレーの日」に合わせ、イトーヨーカドーには、専門店の味や世界各国の味を手軽に楽しめる多数のカレー商品が登場する。なかでも見逃せないのは、1949年創業の日本初のインド料理専門店「ナイルレストラン」とのコラボ商品第2弾。昨年初めてコラボした際にも、本格的な味がSNS上で話題になるなど注目を集めていたが、今回もその期待に応える商品がお目見えする。

ラインナップは、「特製ビーフカレー」と「マサラカレーうどん」、そして前回も好評だった「レッドカリー唐揚げ」の3種類。

「特製ビーフカレー」は、「ナイルレストラン」店主がこのコラボのために考案した“幻のカレー”。通常のインド式カレーではチキンをベースにするのが主流なため、ビーフを使うのは新たな試みだ。添えられるのは、香ばしいグリルポテトと彩り豊かなパプリカ。お店と同じスパイスを使用しており、本格的なスパイスの香りとビーフ特有の旨味を楽しめる。カレー好きなら一度は味わいたい一品だ。※1月13日より順次発売

「マサラカレーうどん」は、イトーヨーカドーのネット通販限定で発売。うどんは本場・香川県の讃岐うどんで、鶏ダシとエビダシをベースに、お店と同じスパイスをブレンドしたオリジナルスープが特徴。トッピングとして11種類の香辛料をブレンドした「特製スパイス」がついており、「特製ビーフカレー」と同じく本格的な味わいと香りを楽しむことができる。※1月20日(水)より発売、売り切れ次第終了

「レッドカリー唐揚げ」は、ナイルレストラン監修のカリーソースを唐揚げにマリネした一品。お店で活躍している本場インドの香辛料を選定・配合して使用しており、食欲をそそるスパイシーな香りと辛さにやみつきになる。※1月19日(火)より発売

監修にあたった「ナイルレストラン」の3代目店主・ナイル善己さんは、「今回は、ホールスパイスと呼ばれる粒(状)のスパイス5種類と、ナイルレストランオリジナルのパウダースパイスを組み合わせて、北インド寄りのカレーに仕上げました。ホールスパイスをふんだんに使うと、香りがぐっとあがるんですよ。その香りがビーフの脂と溶け込んで、よりマイルドにかつスパイシーなカレーになることを目指してレシピを作りました」と、コラボ商品へのこだわりの強さを見せた。

「特製ビーフカレー」を試食したスパイス料理研究家の印度カリー子さんは、「スパイシーでありながら、牛肉の旨味が出ていてすごくおいしいです。使われているスパイスの種類が豊富で、いろいろな香りが感じられて、何口食べても食べ飽きないカレーだと思います」と太鼓判。カレー研究家のスパイシー丸山さんも、「これは、クセになるおいしさです。ナイルレストランではチキンがベースで、今回のビーフはお店では食べられないので、注目ですね」と、クオリティの高さにうなっていた。

「ナイルレストラン」とのコラボ商品は、「カレーの日」に先駆けて1月13日より順次発売中。外食が難しい今、おうちで本格的なカレーを楽しんでみてはいかがだろう。

※新型コロナウイルス(COVID−19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。