1日のスタート、朝食は大切。朝に食べるラーメン“朝ラー”が注目されるなか、博多ラーメンの人気店「一風堂」の一部店舗でも朝食サービスがスタートした。朝にぴったりのラーメンと、とんこつスープを使ったおかゆを味わえる。

「朝がゆ朝ラー」は一風堂・浅草橋本舗でスタートした朝食サービス。1日元気に過ごせるようにと、一風堂ならではの朝食メニューが2つ登場した。「とんこつコラーゲンおかゆ」(500円)は、生米を豚骨スープで炊き、さらに豚骨スープとコラーゲン、ホタテ貝柱の旨味を加えた、スープが多めのさらりと食べられるおかゆ。パプリカ、カリカリ梅、ザーサイ、ネギ、黒コショウ、ゴマをトッピングし、中央にはサクランボが添えられる。トッピングそれぞれが食感に変化をつけ、豚骨スープの中で風味が調和し、深みのある味わいになる。サクランボは好みのタイミングで食べてOKだが、意外にも豚骨スープと一緒に食べるのもおすすめだそうだ。

「あさだ!ラーメン」(500円)は煮干しのダシがきいた醤油ラーメン。通常よりも油を少なめにしていて朝に食べたいあっさりしたスープとなっている。麺は「浅草橋本舗」では限定の醤油ラーメン「江戸式醤油ラーメン」と同じものを使用。そのほかの店舗では看板ラーメン「白丸元味」と同じ博多の細麺を使用している。麺の量は通常のラーメンと同じで、朝からしっかりおなかを満たすことができる。また、追加トッピングとして有明海のり、煮玉子、こま切れチャーシュー(各110円)もあり、好みに合わせてチョイスできるのもうれしい。

“朝食営業”しているのは、現在、浅草橋本舗、二子玉川店、浜松町スタンド、横浜西口店、大阪の梅田店、ekie広島店の6店舗。平日のランチ前、午前中限定で食べることができる。今後はさらに実施店舗を拡大していく予定だ。実施時間は店舗により異なるが、売り切れ次第終了となる。朝からしっかり食べて1日のスタートを切ろう。

※朝食サービスの時間帯には、上記以外のラーメンおよびサイドメニューの注文は不可。

※「とんこつコラーゲンおかゆ」は販売予定数に達し次第、営業時間内でも販売を終了する場合あり。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。