先日、Twitter上で公開されたある漫画の結末が、「ヤバい奴ってそっちか」「ヤバいなんてレベルじゃねー!」と話題を集めている。

この漫画を公開したのは、「想定外」「予測不能」なショートホラー漫画をSNSに公開して話題を集めている、誰でもない(@daredemonaidare)さん。緻密な「人物描写」と意外な場所に仕込まれた「伏線」が特長の漫画は、思わず何度も読み返してしまう“沼的”な魅力がある。

今回の漫画では、友人と普通の声量で会話をしているだけでクレームをつけてくる「隣の部屋のヤバい奴」が登場。“壁ドン”から徐々にエスカレートし、夜中に玄関のポストをガンガン鳴らすなどの“いやがらせ”に発展。恐怖を覚えた主人公たちは、大家さんに報告することを決めるのだが…。

この漫画を読んだユーザーからは、「なるほど、そういう事か」「最後の方を読んでから1ページ目を読み直すとスッキリする」との声が続出。また、拍子抜けするほどスタイリッシュな主人公の「解決方法」にも「えっ、つよ……」「不条理を破壊する不条理」と驚いた様子のコメントが寄せられている。こんな“恐怖体験”も、この主人公と一緒なら怖くないかもしれない。

一見ありがちな“隣人トラブル”をホラー漫画に落とし込んだこの作品なのだが、実はこれ、作者の誰でもないさんいわく、「2ページ目のセーフ…までは俺の実体験」とのこと。それはそれで怖い……!!


取材協力:誰でもない(@daredemonaidare)
漫画『リリースレッド 怪異の起こる街 (KITORA)』発売中