5月17日(月)開催のChou単独イベント「Chou会」、5月23日(日) 開催のチームKⅣ「制服の芽」公演がHKT48劇場での最後の公演。そして、5月29日(土)、北九州ソレイユホールで行われる【HKT48コンサート みんな 元気にしとった? 〜森保まどか 卒業式〜】にて、グループから卒業するHKT48の森保まどか。

森保にとって、アイドル人生のすべてを詰め込んだ、最後となる写真集『HKT48 森保まどかラストフォトブック スコア』が5月26日(水)に発売される。

HKT48の1期生メンバーとして過ごした10年を振り返っている写真集ではあるが、振り返ったといってもアーカイブをまとめた写真集ではない。森保の10年間の思いを、濃密な3日間で撮影した写真と、自身の書いたエッセイで構成し、一冊にまとめたフォトブックだ。

ほかにも、10年間を振り返ったスペシャルインタビュー、森保自身がキャプション(写真の解説文)を書いた私物のオフショット、1期生&Chouのメンバー11名との直筆によるメッセージ交換、「ピース!!」と直筆で書いたピース18連発カット、裏表紙には直筆サインと直筆メッセージと、これでもかと森保の魅力が詰まった内容になっている。

森保のファンを思う強い希望により、撮影は、HKT48の本拠地である福岡ですべて撮り下ろされた。森保に『スコア』の制作に対する意気込みや、込めた思いを聞いた。2回に渡ってお届けします。後編です!

■能古島では、デートっぽいカットが多くて、“おでこちゃん”にも
――最初にスタッフのみなさんと初めて撮影するときはどう思いましたか?

【森保まどか】すごい緊張して、あの時は久しぶりに人見知りが出てしまいました。でもいまでは、すっかり仲良くなって、イジられるぐらい打ち解けました。初日はちょっと緊張もしていて、顔が引き締まっているんですけど、フォトブックでは最後のほうにそのカットが入っているので、逆に引き締まっていていいんです。

ちょっと緊張感のある表情とか、なんか憂いのある感じが多くなっているので、いい感じにまとまっていると思います。中盤までは割と表情豊かになっていて、いい流れができているなと思います。能古島では、私のファンの皆さんが喜んでくれるようなデートっぽいカットが多くて、“おでこちゃん”にもなっています(笑)。

――3日間の撮影内容について、まずはどこから撮影をされたのですか?

【森保まどか】初日は、HKT48劇場から撮影が始まりました。いつもの劇場のメイクルームで顔なじみのメイクさんに可愛くメイクしていただいて、私服であるレッスン着を着てステージで撮影しました。ストレッチをしたり、曲をかけながら踊ってみたり、いよいよ始まったなと、気が引き締まる思いでした。最初の撮影が劇場だったから、リラックスした気持ちで撮影できました。最初がスタジオだったりしたらもっとガチガチだったと思いますのでよかったです(笑)。

――劇場では、客席に座ったり、ロビーに行ったり、壁写真の前で撮影されたりしてますね。

【森保まどか】卒業したらステージではなく客席側になるわけですが、座るのならやっぱり48番だと思って撮影しました。ロビーには、私が書き初めで書いた「代表曲」も飾ってあったのですが、卒業タイミングで、秋元先生よりソロ曲(「君とどこかへ行きたい」劇場盤カップリング曲「この道」)を書いていただけることになって、願いが叶いました。

――フォトブックは、朝から昼、夕景、夜景、山と海、とすべての要素が詰まってますね。なかなかすべての要素を収められる写真集はないと思います。

【森保まどか】今回の撮影では、3日間とも海に行きました。初日はシーサイドももち。劇場からも近い海なので馴染みはありました。海は、透き通るような青さでしたが、風は強かったですね。2日目は糸島の海です。糸島は福岡のリゾート地として人気ですが、その日はやや曇ってました。寒いなか、ガウンを脱いで水着姿でがんばって撮るぞ!と気合を入れたらその瞬間だけ晴れたんですよ。青い海がしっかりと写っています。最近、スタッフさんたちの間で「晴れ女疑惑」が!最終日はカーフェリーで渡った能古島の海辺に行きました。3日間で3カ所の海に行くなんてすごくないですか!

あとは、山にも行きました。森林浴を楽しみながら山道をどんどん歩いて行き、深い森のなかでも撮影しました。カメラマンさんから山派か海派か聞かれましたが、家派です(笑)。でも撮影を通してどっちかというと山派ということを発見しました。

■フォトブックでピースだけのページがあることに本当にびっくり
――お気に入りのカットを教えてください。

【森保まどか】能古島のベンチで腕ハートをしながら眉間に皺を寄せているカットです。まだ公開されていない写真なので、ぜひフォトブックで見て欲しいです。

――印象的なことがあれば教えてください。

【森保まどか】HKT48でも初かもしれません!ランジェリー姿の撮影は人生初でしたが、みなさんが思っているようなものではなく、かわいらしい感じです(笑)。ランジェリー姿で、お部屋でくつろいだり、いちごを洗って食べたり、ベッドでは靴下を脱いでみたりと、ランジェリー姿だけでもいろんな写真を撮ってとても楽しかったです。

――カメラマンの田中智久さんとはどんなコミュニケーションを?

【森保まどか】「せっかくだから」「これが最後」「よっしゃ」「いいね」が口癖のおもしろいカメラマンさんでした。「せっかくだから」と言いながらいろいろ撮ってくれたり、「これが最後」と言うので、終わるのかなって思ったらまだまだ撮ったりしてくれました。

最後は必ずピースサインで締めるカメラマンさんで、撮影シーン毎にピースをしていたので、ピースカットもいっぱいありました。アニメの話とかすごく話しかけてくれるのが優しいなと思っていました。

プロだなって思ったのは、私を褒めながら撮影してくれているのに、すでに次に撮影するショットを考えているのがわかるんです。撮影中は、風が強くてすごく寒かったのに、出来上がった写真を見ると寒さを感じさせない仕上がりになっていて、カメラマンさんの光の技術がすごいなと思いました。夏感がありますよね。なかでも糸島の海の色は青くてキレイです。

こんなに長くいっぱい撮影するのはこのラストフォトブックが最後になるので、カメラマンが田中(智久)さんでよかったです!楽しかったです!

編集担当の方が、いろんなピースがいっぱいでバリエーションがあるので、ぜひ載せたいと言ってくれて、最後のページに18連発のピースが載っています。カメラマンさんが「最後に撮影したカットでワンカットしかない写真なんだよ」って言ってました。フォトブックでピースだけのページがあることに本当にびっくりしています!うれしいです!

――ラストフォトブックに点数を付けるとしたら何点でしょうか?

【森保まどか】100点満点です!

――さらには、エッセイにも初挑戦されていますね。「言葉」「嫌い」「音楽」「夢」「性格」「趣味」「好き」「1期生」「Chou」「アイドル」と10テーマになっていますが、どんな感じで書かれたのでしょうか?

【森保まどか】編集担当の方から、「ぜひ書いてみれば!」と言っていただき、これまで書いたことがなかったので、どんな感じになるのかと思っていました。最後の「アイドル」だけがファンの皆さんに向けて書いたエッセイで、オンラインイベント中や撮影中に浮かんできたことを書きました。ほかはふだん私が書いている独り言をまとめたようなものになります。

――スペシャルインタビューも掲載されていますね。

【森保まどか】フォトブックに込めた思いや、HKT48へ入る前の小さいころの話、ピアノのこと、そしてアイドルのことを話しているので、ぜひ読んで欲しいです。

――1期生(今田美奈、熊沢世莉奈、下野由貴、松岡菜摘、村重杏奈、本村碧唯)と、7人組ビジュアルユニット・Chouのメンバー(松岡菜摘、栗原紗英、神志那結衣、松本日向、宮﨑想乃、山下エミリー)も友情出演されていますね。

【森保まどか】このフォトブックの撮影のことがあったので、Chouのメンバーにはフォトブックを出すことだけを、1期生メンバーのみんなには、フォトブックと私の卒業発表のことも事前に話していました。

メンバーとは2日目の糸島の、海に面した別荘の庭みたいなところで撮影しました。初めて2ショットを撮る子もいたりするカットや、直筆のお互いの手紙も掲載しています。字の大きさや書き方に個性が出ているので、HKT48は個性のあるメンバーが多いと思っていただけると思います。

――撮影はどのカットで締めくくったのでしょうか?

【森保まどか】最後のロケ場所は、ピアノのあるレストランでの撮影です。油山だったんですけど、展望台とかもプライベートで行ったことがあったから「ここだ!」って思いながら、ちょっと懐かしいなと。レストランは初めて行ったのですが、すごく素敵なピアノが置いてあるレストランで...。そこでは、夕景や夜に撮影もしたりして、時間がゆっくりと流れています。このフォトブックのなかでは、違った表情の私が見られるんじゃないかと思います。
楽しくてまだ続いて欲しいなあ、スタッフの方とももっと仲良くなりたいなと思いつつも、でもやり残したはことない、やり尽くした!という気持ちもあり、半々ぐらいの感情でした。

そして、ピアノを弾く撮影や、ワイングラスを片手に乾杯するカット、夜景を眺めながらゆっくりするカットを撮って、本当に最後に撮ったのが、ピース18連発の最後のページに掲載しているダブルピースです!この後、「3日間の撮影お疲れさまでした!」と、パチパチとなりました!

――最後に、メッセージをお願い致します。
【森保まどか】”いつも応援ありがとう”何百回と言って流れるように出てくる言葉だけど、本当に”いつも応援ありがとう”。いつも沢山ありがとうございます。

■【森保まどか 背表紙帯コメント】
「たくさんの愛をありがとう。
10年間のアイドル生活を
覗き見してください!」

■【森保まどか ネットコメント】
「リアルな彼女感が楽しめるような写真を撮りたい、女の子が喜んでくれるようなページを作りたい、思い出のお店に行きたい、大きな肉まんが食べたい、アレをしたい、コレを着たい、ココに行きたい…悔いが残らないよう、私の希望を全て詰め込みました! 撮影期間は3日だったけれど、まるで10年を早送りしながら振り返っているような…不思議な時間でした。今回はエッセイにも初挑戦!普段考えていることはもちろん、撮影中に思い浮かんだものもあります。思い出をなぞりながら書いたので、照れくさいですが読んでほしいです。アイドルとして過ごした私の10年間がたっぷり詰まった一冊です!」

■【秋元 康氏 帯コメント】
「彼女から、いつも音楽が聴こえて来るような気がする。
ピアノを弾く姿が目に焼きついているからだろうか。
完成したばかりの写真集をめくっていたら、
いろいろな表情の彼女自身が
美しいコンチェルトのSCOREに思えて来た」

■【プロフィール】
森保まどか:もりやす まどか
1997年7月26日生まれ、長崎県出身、身長165センチ、血液型はA型。2011年7月10日、福岡を拠点とするアイドルグループ、HKT48の第1期オーディションに合格。HKT48チームKIV所属。HKT48選抜メンバーおよびHKT48のビジュアルユニット・Chouのメンバーとして活躍。特技はピアノ演奏で、2020年1月29日に松任谷正隆総合プロデュースによるソロピアノアルバム「私の中の私」をリリースした。2021年5月29日(土)にHKT48を卒業する。

撮影・取材・文=野木原晃一