「もっとお得に利用できるカードはないかな?」「皆は何のカードを使っているんだろう?」

現在クレジットカードを使っているものの、もっとお得に利用できないかと考えたことはありませんか?本記事では還元率や特典内容がお得で、メインカードとしておすすめのクレジットカードを5つ厳選して紹介しています。ぜひ自分に最適なカードを見つけてみてください。

■どんなクレジットカードがメインカードにおすすめ?
まずは日常使いにピッタリなカードの条件を、3つ紹介します。メインカードを選ぶ際は、これらに当てはまるか考えて選ぶと良いでしょう。

■年会費無料orコストが安い
メインカードは長年使うことを想定します。そのためにまず必要な条件は、カードを持つコストがかからないこと。そのため、年会費は無料のものが望ましいです。

年会費が高い場合、ポイント還元や様々な特典が受けられたとしてもトータルで見るとプラスマイナスゼロになったり、逆に損をしてしまったりすることも。まずは、年会費や入会費などのコストを確認しましょう。

■ポイント還元率が高い
クレジットカードにはそれぞれカード会社のポイント制度があり、利用金額の何%かがポイントとして還元される仕組みになっています。メインカードはポイント還元率の高さにも注目しましょう。貯まったポイントは買い物などに利用できます。

なお一般的なクレジットカードの還元率は0.5%ほどで、ポイント還元率が1%以上になると高還元率カードと言われます。「ポイント還元率1%」を基準に考えましょう。

■貯まったポイントの使い道が魅力的
貯まったポイントの使い道はカードによってそれぞれ決められていて、例えば以下のような使い道があります。

・スマホ決済で利用
・現金としてキャッシュバック
・家電製品や食料品などの商品と交換
・カード利用料金の割引に適用
・ギフトカードや商品券に交換

せっかくのポイントも使い道に魅力がなければ、貯める意味がありません。カードを申し込む際は、貯まったポイントをどのように使えるのか事前にチェックすることも大切です。

■日常使いにおすすめのクレジットカード5選
上記3つの条件をクリアした、おすすめのカードを5つ紹介します。自分に合ったカードを見つけてみましょう。

■ポイント還元率1.2%が魅力の「リクルートカード」
年会費/無料
ポイント還元率/1.2%
貯まるポイント/リクルートポイント
主なポイントの交換先/Pontaポイント、dポイント、じゃらん、HOTPEPPERグルメ
国際ブランド/VISA、MasterCard、JCB、UnionPay

リクルートカードは年会費が無料にも関わらず、ポイント還元率1.2%を誇る高還元カードです。これだけの還元率があるカードを日常使いすれば、どんどんポイントが貯まっていくでしょう。

貯まったポイントをPontaポイントやdポイントに交換できるのも嬉しい点。これらはコンビニや飲食店でも利用できるので、貯まったポイントの使い道にも困りません。なお、リクルートポイント参画サービスでカードを利用すると、最大で4.2%もの還元も受けることができます。

■Yahoo!ショッピングがお得になる「Yahoo!JAPANカード」
年会費/無料
ポイント還元率/1%
貯まるポイント/Tポイント
主なポイントの交換先/Yahoo!ショッピング、LOHACO、一休.com
国際ブランド/VISA、MasterCard、JCB

Yahoo!JAPANカードは、年会費無料ながらポイント還元率は1%。Tカードとしても利用でき、カード利用分はTポイントとして貯まっていきます。Tポイントは提携店舗が多いため、コンビニやTSUTAYA、ドラッグストアなどさまざまな場所で使えます。

さらにYahoo!ショッピングとLOHACOで利用した場合には、Tポイントが2%とPayPayボーナスライトが1%貯まります。つまり、還元率が3%にもなるということです。Yahoo!ショッピングやLOHACOを利用する機会の多い方には、絶対におすすめしたいカードです。

■ドコモサービスでお得にポイントが貯まる「dカード」
年会費/無料
ポイント還元率/1%
貯まるポイント/dポイント
主なポイントの交換先/ドコモのサービスで利用、Amazon、メルカリ、コンビニや飲食店などの実店舗
国際ブランド/VISA、MasterCard

dカードはドコモが発行しているカード。日々の買い物だけでなく携帯料金やドコモ光の利用料金で還元されるため、ドコモユーザーなら、絶対に持っておくべきカードと言えるでしょう。カードを利用するとdポイントが貯まるため、ポイントの使いやすさも抜群です。

年会費無料、ポイント還元率1%なので、ドコモユーザーでなくてもメインカードとして優秀です。

■39歳以下ならポイント2倍!「JCB CARD W」
年会費/無料
ポイント還元率/1%
貯まるポイント/Oki Dokiポイント
主なポイントの交換先/Amazon、マイルへ交換、JCB商品券に交換
国際ブランド/JCB

JCB CARD Wは、18〜39歳限定で年会費が無料になるカードです。この間で入会した人は40歳以降も年会費無料のままなので、安心して利用を継続できます。他のJCBカードに比べてポイント還元率が2倍に設定されているため、対象年齢の人におすすめです。

いくつかのパートナー店でポイントが最大で11倍になることも嬉しい点。スターバックスやモスバーガー、Amazon、メルカリ、セブイレブンなどでポイント還元率がアップするので、これらの店舗をよく利用する人にとって非常にお得なカードです。

■ポイントの使い道が豊富な「楽天カード」
年会費/無料
ポイント還元率/1%
貯まるポイント/楽天ポイント
主なポイントの交換先/楽天サービス、スマホ決済、ポイント投資、支払いに充当
国際ブランド/VISA、MasterCard、JCB、American Express

楽天カードは2020年11月に利用者数2100万人を突破した、非常に人気の高いクレジットカードです。楽天市場で買い物をするとポイントが2倍以上になるため、楽天ユーザーには特におすすめの一枚です。さらに楽天ポイントカード加盟店で買い物をする場合には、裏面のバーコード提示で貯まるポイントと楽天カードの利用で貯まるポイントの二重取りができます。

貯まったポイントの使いやすさも抜群で、カードの支払いに充当できたり投資に使えたりと、幅の広さも嬉しいところです。

■クレジットカードで普段の買い物をもっとお得に!
メインカードを選ぶ際の条件とおすすめのクレジットカードを紹介しました。紹介したカードはいずれも年会費無料で高還元なカードばかりなので、自分がよく利用するお店やポイントの使い方を考えた上で、最適なクレジットカードを選んでみてください。メインカードとして使うことで、たくさんのポイントが還元されて日々の買い物がよりお得になるでしょう。