三重県いなべ市にある「青川峡キャンピングパーク」は、自然豊かなロケーションとスタイルに合わせて選べる多彩なサイト、清潔感ある水回りで予約が殺到している超人気キャンプ場。名古屋から車で1時間、大阪や京都からも2時間というアクセスのよさも選ばれる理由だ。

そこで、青川峡キャンピングパークに行きたいと思っている人のために、各サイトのロケーションや設備を中心に徹底取材!細かい部分まで、取材スタッフが実際に現地で確かめてきた。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。

■専有面積が広く、ゆったり使える「オープンサイト」
オープンサイトは17区画あり、施設内で最も広い専有面積を確保している。区画間には仕切りがなく、視界が開けて気持ちいい。駐車スペースを含めて130平方メートルあるが、テントは1区画につき1張のみ。程よく木陰があるため過ごしやすく、開放感もあった。AC電源も使用できる(1000円/1泊)。

■周りの視線が気にならない「プライベートサイト」
プライベートサイトは12区画。駐車スペースも含めた専有面積120平方メートルの三方を取り囲むように垣根があるので、隣接する区画の様子はそれほど気にならない。専有面積内に他人が侵入したり横切ったりすることもなく(そもそもマナー違反だが)、安心感がある。細かなロケーションの違いで2区画に分かれており、裏手に小川が流れる区画ではせせらぎが涼やかに響き、公園に隣接する区画では緑に囲まれた心地よさを感じられた。AC電源も使用可能だ(1000円/1泊)。

■直火で焚き火OK!川遊びも楽しい「水辺サイト」
水辺サイトは13区画。垣根で囲まれた専有面積は駐車スペースを含めて100平方メートルあり、土手を下りればすぐ青川という区画と、敷地内に引き込んだ小さな川沿いの区画がある。川遊びをしたい人や、川沿いのロケーションを楽しみたい人におすすめだ。また、施設内で唯一、直火で焚き火ができるのも大きなポイント。AC電源も使用可(1000円/1泊)。

■自転車・バイクでの来場専用「ライダーズサイト」
ライダーズサイトはバイクや自転車専用の区画で、定員は4人。駐輪スペースを含んだ200平方メートルの区画を自由に使える、小さなフリーサイト状になっている。利用できるスペースは1人当たり約50平方メートルなので、張れるのは小型テントのみ。木々が近く、AC電源もないため、山の中にいることを最も強く実感できる。リーズナブルな価格もうれしい。

■トイレ、シャワー、洗い場、ゴミ捨て場などの「サニタリー棟」
施設利用者が使える共有スペースも充実。一番気になるトイレは、虫などが侵入しづらいしっかりとした造りで、温水洗浄便座が付いた洋式の水洗トイレを採用。清掃も行き届いているので、外にあることを感じさせないほど清潔感があり、気持ちよく利用できる。シャワールームも同じく衛生的で、ニオイもまったく気にならなかった。また、センターハウスには手足を伸ばしてゆっくりと湯に浸かれる大浴場を完備している(※新型コロナウイルス感染拡大防止のため休業中)。

流し台には、一年中無料でお湯が使える給湯器を設置。環境保全のため合成洗剤は使用できず、環境にやさしい洗剤が置かれていた。ゴミ捨て場も細かく分別されており、汚れが気になる場所だけに清掃が行き届いていることに感心した。コインランドリーや乾燥機もあり、ビジネスホテル並みの設備が整っている。

■サイトレイアウトは自由自在!「かもしかキャンプフィールド」
かもしかキャンプフィールドは、砂地に整備された1600平方メートルのフリーサイト。センターハウスから青川をはさんだ反対側に位置し、専用の駐車場、トイレとシャワーがある管理棟、流し台と調理場、ゴミ捨て場がある屋根付きの炊事スペースを備えている。テントは1グループあたり1張のみ。スペースは100平方メートルを基準としているが、区画内であればどこにどのようなレイアウトで使用しても問題ない。山の斜面が間近に迫り、自然の雄大さを感じられるロケーションが魅力だ。こちらのサイトにAC電源の設備はない。

■キャンプをもっと充実させる、レンタル品や体験セット
もしもの時に心強いレンタル品や、新しいキャンプアクティビティに挑戦できる体験セットも豊富に取り揃えている。レンタル品はテントやタープなどの基本ギアに加え、調理器具や暖房器具など細々としたものまで実に幅広い品揃え。事前に予約すれば食材の用意もしてくれる。センターハウス内にある売店では、オシャレで使い勝手に優れたキャンプギアも販売。新しいキャンプの楽しみを教えてくれる、ファイヤースターターを使う火おこしセット、星や自然観察をするためのセットなど体験セットも人気だ。

キャンプに慣れた達人も、始めたばかりの初心者も、気になるツボを的確に押さえた設備とサービスが整っている「青川峡キャンピングパーク」。車で10分圏内にあるスーパーや立ち寄り温泉など、周辺環境も素晴らしい。また、キャンプ場から徒歩で行ける青川公園はすべり台やターザンロープなどの遊具があり、子供もとことん楽しめる。一年を通して、快適で充実したキャンプができるスポットだ。




※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。