ウォーカー編集部が読者に本気でおすすめしたいモノ・コトを表彰する「ウォーカーアワード」。第2回は「今注目の即席めん」。東京、東海、関西各編集部の編集者・ライターに、ジャンルに精通するスペシャル審査員としてラーメン通として知られるお笑いコンビ・鬼越トマホークさん、チャンネル登録者数100万人超えの人気YouTuber・SUSURUさんを加えて賞を決定した。設定した6つの部門から、今回は「麺が絶品で賞」を紹介する。
「麺が絶品で賞」は、即席めん業界で目覚ましい進化を遂げる麺に着目。食感、風味、すすり心地など麺そのもののクオリティと、スープとのバランスや相性を総合的にチェックして選出された。

■マルちゃん正麺 醤油味 5食パック
5年もの歳月をかけて開発した特許製法“生麺うまいまま製法”により、それまでの即席めんとは一線を画すなめらさとコシを実現。温度や湿度で微妙に変わる繊細な麺を、徹底した品質管理で支えている。スープには、専門の職人が手掛ける自家製のダシを採用。芳醇な風味は老若男女に愛される王道の味わいだ。

●東海ウォーカー編集部・大川
「即席めんとは思えないクオリティの高さ。モチモチツルツルとした麺の食感はラーメン店で食べるものと遜色がなく、とにかく衝撃的でした。麺をすすったときに広がるスープの風味も素晴らしく、麺のおいしさを引き立てています」

■日清ラ王 醤油 5食パック
生麺のような食感を目指して開発された、ノンフライの3層太ストレート麺が特徴の「日清ラ王」。なかでも袋めんは2018年に全粒粉入りの麺にリニューアルしており、スープのバランスを考えながらも小麦の風味をしっかりと感じられるようになった。丼一面に広がる鶏油も、おいしさにひと役買っている。

●ウォーカープラス編集部・河合哲治郎
「麺のうまさにこだわった即席めんといえば、『日清ラ王』の独壇場。もともとは生タイプ麺だったが、たゆまぬ企業努力で、生麺に遜色のないモチモチ食感のノンフライ麺を開発した。喉越しもよく、ノンフライ麵の最高傑作と言っても過言ではない。今もなお改良を重ね、現在では全粒粉も配合。その旨さへの飽くなき追求に頭が下がる」

■日清豚ラ王 アブラ、ニンニク、ショウユ 2食パック
2020年1月に発売され大きな話題を呼んだカップめん「日清豚ラ王 ヤサイ、アブラ、ニンニク」。すでに終売となったが、2021年9月に袋めんとして復活している。噛み応えのある食感を再現した極太麺、突き刺さるニンニクの風味がクセになるスープに加え、「豚ラ王」には欠かせないアブラ増し袋も付属。トッピングにモヤシを購入してのせれば、自宅で手軽に本格的なG系ラーメンを作れる。

●鬼越トマホーク・坂井
「なんだこのカップめんは!ニンニクアブラマシマシを即席めんで堪能できる至高の即席めん。そして麵の食感がG系を完璧に再現している。完全に即席めんの域を超えた逸品」

■明星 チャルメラカップ 博多バリカタ豚骨
明星のヒット商品であるチャルメラ(袋めん)のおいしさを手軽に楽しめるタテ型カップめんシリーズから、博多バリカタ豚骨が受賞!2021年3月に「半分食べたら3秒味変!」という画期的な食べ方を提案したリニューアルを行い、審査員のハートをわしづかみにした。ツルッとした歯切れのいい麺が2種類のスープとマッチ。ホタテ、ガーリック、黒胡椒を合わせた豚骨スープと、焦がしネギラー油を加えた旨辛スープで「2度うま!」体験を楽しめる。

●鬼越トマホーク・金ちゃん
「腹が減ったときに、ただ早く食べたい一心で買った商品。1分の待ち時間で出来上がるという空腹時には最良の一食!そして味変も可能!1分で最高のパフォーマンス!」

■明星 麺神カップ 濃香醤油
明星独自の乾燥技術を組み合わせた"麺密もっちり製法"によって、もっちりとかみ応えのある食感を実現させた超極太麺の「明星 麺神(めがみ)」シリーズ。鶏・豚の旨味に、直火釜で炒めたニンニクを効かせた醤油スープで味わえば、まさに格別の一杯となる。仕上げに別添えの「濃香の一滴」を加えることで完成する、豊かな香りもポイントだ。

●ウォーカープラス編集部・河合和佳子
「食べ応え抜群の一杯!超極太麺を豪快にズルズルっとすすり、麺の旨味をしっかりと堪能できます。醤油スープなので、見た目ほどくどくなく、いつも最後の一滴まで飲み干してしまいます!」

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。