ヒットしているものを見ると、思わず興味が湧いてしまうのが人の常。逆に「人気だから嫌い」「流行りに乗ってるっぽくて嫌」とマジョリティを毛嫌いし、マイノリティを愛する人々もいる。今回はそんな「逆張り」に命を懸ける女子高生を主人公にした「逆張りギャグ」の漫画を紹介したい。


この漫画を描いたウエダマサヒロさん(@marchin0415)は、本作「マイノリティガール」で秋田書店の第9回「NEXT CHAMPION」奨励賞を受賞。先日も、SNSで公開した筋肉マンガ「除霊ビルダー」がバズって話題になるなど、いま注目の新人作家だ。

本作では、必ずマイノリティを選ぶことを信条とする高校2年の尚雛葉(なおひな・ヨウ)が主人公。その「逆張り」っぷりは、雨の日に傘をさしている人と、ささない人を数える為、双眼鏡と手持ちのカウンターを使うほど徹底している。ただ、それが行き過ぎて暴力沙汰になってしまうことも…。

そんな葉は、友人のともえとの帰り道、「お金をおろす」ともえに付き合って銀行へ行くことに。しかし、運悪くそこには銀行強盗が。銃を向ける強盗に対し、マイノリティガールの葉は「こーゆー場面に遭遇するのって、本当にごくごく少数派なんじゃ」と、ヨダレを垂らしながら恍惚とした表情を浮かべる。

ところが、「抵抗せず大人しくしていたらマジョリティじゃん!!」と考えた葉が起こした驚きの行動とは?スピード感のある展開とギャグの切れ味が心地よい作品だ。

漫画を読んだユーザーからも、「テンポが良くて面白い」「最後の一コマで爆笑した」とのコメントが。一気に読ませてしまうテンポとスピード感に作者のセンスがうかがえる。

そこで今回、本作を描いたウエダさんに「マイノリティガール」を着想したきっかけや、第9回「NEXT CHAMPION」奨励賞を受賞した際の感想を聞いてみた。

――マイノリティガールを着想したきっかを教えてください。

【ウエダマサヒロ】マイノリティガールって、ほぼ実体験なんです。雨が小雨のとき、周りの人が傘をさしていたら、僕も周りに合わせて傘をさしてしまいます。そのときにもし、全部の出来事に対して“逆張りをするような奴”がいたら面白いんじゃないか、それもかわいい女の子がやっていたら、そのギャップでさらに面白くなるのでは?という感じで着想しました。

――「NEXT CHAMPION」奨励賞を受賞しました。その際の感想は?

【ウエダマサヒロ】めちゃくちゃれしかったです!担当さんから連絡がきたときは、しばらく手の震えが止まりませんでした。

――自分を「マイノリティ」だと感じた瞬間は?

【ウエダマサヒロ】強いて言えば、スマホの文字を打つとき、僕はキーボードのローマ時入力で打っているのですが、周りの友人は皆フリック入力で打ち込んでいます。それを知った際に「俺って少数派なんだ…」と思いました(苦笑)。

ときに嫌われがちな「逆張り」。しかし、マイノリティガールのようにここまで徹底していると、いっそ清々しくも感じられる…かも?

取材協力:ウエダマサヒロさん(@marchin0415)